このページの本文へ

CENTURY「ATX電源活して外付け」

キューブで1000W越えも可能なATX電源外付け化キットが登場

2012年08月10日 23時06分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーからATX電源を外付けする延長ケーブルキット「ATX電源活して外付け」(型番:CATX-EX)が発売となった。

ATX電源を外付けする延長ケーブルキット「ATX電源活して外付け」がセンチュリーから発売

 「ATX電源活して外付け」はPCのATX/SFX電源ユニットを外付け化するというユニークかつ単純なもの。製品構成はATX電源用パネル、SFX電源用パネル、ATX 24pin延長ケーブル、CPU 12pin延長ケーブル、PCI-Express補助電源ケーブル×2、SATA延長ケーブル、4pinペリフェラル延長ケーブル、ケーブル結束用ファスナー×3、パネル固定用ネジ×2となっている。
 センチュリーによると電源ユニットを外付け化することで、内部スペース確保によるエアフロー改善、省スペースPCでの大容量電源の使用、さらに発熱源を外付けにすることで冷却性能向上も期待できるとしている。
 価格は2980円。パソコンショップアークやZOA秋葉原本店、パソコンハウス東映で販売中だ。

電源ユニットを外付け化することで、内部スペース確保によるエアフロー改善、省スペースPCでの大容量電源の使用、さらに発熱源を外付けにすることで冷却性能向上も期待できるとしている

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中