このページの本文へ

NTTコミュニケーションズがリモートアクセスサービスの機能を拡充

「モバイルコネクト」に3つのスマホ用のセキュリティ

2011年12月12日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月9日、NTTコミュニケーションズはリモートアクセスサービス「モバイルコネクト」において、末紛失や盗難時のセキュリティ対策の提供など、スマートフォン向けのセキュリティ機能を拡充すると発表した。

「モバイルコネクト」にスマートフォン向けセキュリティサービスが加わる

 提供するのは、基本メニューの「セキュアブラウザ機能」と「ファイルビューア機能」、有料オプションの「機体認証機能」の3機能。セキュアブラウザは、コンテンツのキャッシュやアクセス履歴などのデータを残さないでメールの添付ファイルや社内システムにリンクされたコンテンツファイルを閲覧できるスマートフォン向けブラウザである。

 ファイルビューアは、マイクロソフトのOffice文書やPDFなどのファイルを、Webブラウザで閲覧可能な形式に変換して閲覧できる機能となる。そして機体認証機能は、あらかじめ登録した端末のみから本サービスを利用可能とする仕組みだ。

 対応OSは、

  1. Android 2.x、3.x(12月9日提供開始)
  2. iOS 4.x、5.x(12月中旬より提供予定)

 また、提供開始に併せ「スマートフォンスタートダッシュキャンペーン」を実施する。これは、2012年3月31日までに契約すると月額利用料金が最大58%(100 ID利用時)割引となるキャンペーンで、契約期間内適用される。料金(税込)は、キャンペーン提供時で、初期登録料金が2万1000円、月額利用料金が100 ID利用時で7万9800円となる。有料オプションの機体認証機能は、1IDあたり月額105円だ。

 NTTコミュニケーションズでは、ホスティング、ネットワーク、端末を含めたリモートアクセス環境のワンストップサービスの提供も行なうという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ