このページの本文へ

Webディレクション最新キーワード第120回

JWDA

Webディレクター必見!WBSの書き方

2013年11月13日 11時00分更新

エレクス

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
web-keyword

 プロジェクトに関わるタスクを洗い出したリストを、WBS(ワーク・ブレイクダウン・ストラクチャー)と呼びます。WBSは、見積もりやスケジュール、スタッフのアサインの根拠としてその都度作成・修正します。

 WBSは、正確な予算管理と遅延のないスケジュール管理のためには必須の存在です。WBSがプロジェクトの成功を左右することもあるため、Webディレクターには精度の高いWBSを作成する責任があります。

プロジェクト計画書の作成

 WBSは、プロジェクト計画書を根拠に作成すると、より精度の高いものになります。プロジェクト計画書とは、提案や打ち合わせを経て合意したプロジェクトの範囲(スコープ)をまとめた文書のことです。プロジェクト計画書は、その後作成するスケジュールなどと共に、クライアントに確認を取り、認識にズレが生じないようにすることが重要です。

 そして、プロジェクト計画書をもとに、プロジェクトスコープ(作業)と成果物スコープ(作るもの)の観点から作業項目を抽出していきます。

 プロジェクトスコープとは、発生する作業タスクのことで、具体的にはデザインやコーディングなどの作業単位を指します。また、成果物スコープは、サイトマップ、ワイヤーフレームなど作業タスクにより作成される文書などが該当します。予算やスケジュールなどの目標も、スコープに含めましょう。さらに、成果物にはあたらない事項や前提条件、制約条件などもスコープには含めて、未決定事項を残さないことが重要です。

タスクリストの作成

タスクを洗い出し、WBSを作成する

 WBSを作成するには、まずプロジェクトを開発工程ごとに分割し、さらに各機能ごとに分け、最後に各スタッフが担当する作業の最小単位のタスクに分割します。

 タスクの洗い出しは、ディレクターが担当します。ただし、具体的な作業の完全な洗い出しは、WBSのたたき台がある程度できた段階で、各スタッフにヒアリングしたほうが精度を高めていくことができます。

 タスクの洗い出しは、作業内容がすべて網羅されていることが重要です。たとえば、クライアント側の作業など自社以外が担当する部分も盛り込むことで、その後で作成するスケジュールの精度を高めることができます。逆に、タスクの洗い出しに漏れやダブりがあると、スケジュールや予算に影響が出るため注意が必要です。

 WBSは、工数を正確に把握して、できるだけ仔細に記載することが重要です。しかし、大規模プロジェクトで工数が膨大な場合や、メンバーの理解度が低く詳細なタスクの洗い出しができない場合には、記述の詳細度(粒度)を上げることで対応が可能です。

著者:エレクス株式会社

“ソフトウェアにおける真のサービスを提供する”ことを第一の目的とし、情報技術に特化した会社として1993年に設立。システム開発、パッケージソフトウェア開発、Webサイトデザイン構築・運用業務から、最近はスマートフォン・タブレットアプリやARコンテンツ開発を展開。今後は、“CSP(Cloud Solution Provider)”として、クラウドを活用してお客様のニーズに最適なソリューションを提供し、さらなる情報化社会の発展に貢献します。

■関連サイト

書影

書籍版は、企画・設計・制作・運用など、Webディレクション業務の大まかな流れに沿って構成。最新情報を盛り込み、書き下ろしのコラムや用語集も収録しました。ずっしり重い1030g、厚さ19.5mmで、苦手分野を穴埋めしたい新米Webディレクターや、これからWebディレクターを目指す方におすすめの1冊です。

Webディレクション標準スキル152

本体 4,280円+税、AB判392ページ(オール4色刷)
ISBN:978-4-04-868746-1

Amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

JWSDA:日本Webソリューションデザイン協会からのお知らせ

この連載が本になりました!!

書籍版は、企画・設計・制作・運用など、Webディレクション業務の大まかな流れに沿って構成。最新情報を盛り込み、書き下ろしのコラムや用語集も収録しました。ずっしり重い1030g、厚さ19.5mmで、苦手分野を穴埋めしたい新米Webディレクターや、これからWebディレクターを目指す方におすすめの1冊です。

Amazonで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く