このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」第48回

自宅に居ながらにしてレンタルDVDを楽しみまくる技

2011年01月18日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
大量の映画を楽しむなら、レンタルサービスを賢く利用しよう
大量の映画を楽しむなら、レンタルサービスを賢く利用しよう

 10年以上前に登場したオンラインDVDレンタルサービスは、ここ数年で急速に成長している。選択肢は広く、大手なら映画のラインナップも文句なし。今回はレンタルDVD店に行かずに、自宅に居ながら映画を楽しみまくる技を紹介しよう。

レンタルDVD店に2回行く手間が面倒くさい

 筆者は映画好きで、毎日1~2本は観ている。古いお気に入り作品を繰り返し観ることもあるが、やはり新作を中心にチェックすることが多い。住まいから歩いて数分の所に大きめのレンタルDVD店が2つあるものの、借りに行くのは面倒くさい。返却となればなおさら億劫だ。そこで活用したいのが、オンラインDVDレンタルサービスである。

 オンラインDVDレンタルとは、ネット上で借りたい映画を予約して、宅配便でレンタルDVDをやりとりする仕組みの月額課金サービスだ。返却はポストに投函するだけでいい。最近はコンビニにもポストを置いているので、返却場所に困ることはないだろう。気になる価格も、一般的なレンタルDVD店と同程度か、むしろ安い程度。しかも、多くのサービスが返却期限や延滞料金がない。都合のいいタイミングで返却できるのだ。

 デメリットをあえて言うなら、「観たいと思ったその日には観られない」点が挙げられる。即日発送でも到着は翌日になる。とはいえ、リアル店舗でも似たようなことはある。例えば新作を借りたくて出かけたのに、すべて貸し出し中といったケースだ。

 またオンラインDVDレンタルでは、通常は一度にレンタルできる枚数が決まっている。契約コースにもよるが、普通は2枚ずつ届き、この2枚を返却したら、次が借りられるという仕組みをとる。返却期限と延滞料金がない理由というわけだ。また、予約した作品がいつ届くのかもはっきりとはわからない。人気作品だと数ヵ月待たされることもあり得る。

 それでも、オンラインDVDレンタルサービスを賢く使えば、デメリットを帳消しにしてあまりある恩恵を受けられるので、見逃す手はない。

まずは無料キャンペーンを利用してみる

DMM.com TSUTAYA DISCAS
国内最大のタイトル数を誇る「DMM.com」。「ベーシック8シングルパック」を選択すると、1ヵ月間最大8枚まで無料でレンタルできるユーザー数が100万人を越える日本最大の「TSUTAYA DISCAS」。こちらも、30日間「定額レンタル8」コースを無料で利用できる

 7万5669タイトルを持つ「TSUTAYA DISCAS」や、18万4077万タイトル(いずれも本稿執筆時点)の品揃えを持つ「DMM.com」は、1ヵ月間無料で試用できるキャンペーンを行なっている。どちらもDVDを8枚までレンタルできる。まずは無料キャンペーンを利用してみよう。

 どちらも会員登録が必要で、その際にクレジットカードの登録も必要である。無料期間が終了したあとに、通常会員になってもらうためだ。もし、サービスが気に入らなかったら、期間内にレンタルしたDVDをすべて返却して、退会すればいい。その場合、料金は一切発生しない。

 DMM.comを例に、DVDの予約をしてみよう。まずはタイトルを決定する。映画のジャンルを絞り込んで探したり、タイトル名で検索してもいい。お勧め作品やピックアップ作品などのリストから選ぶのも手軽だ。観たい映画が見つかったら、「ウィッシュリスト」に追加しよう。

 このとき、借りやすさというゲージが表示されている。レベルが高いほど借りやすく、低いと借りにくい。画面の例では5段階中3なので、普通ということ。ウィッシュリストはあくまでも希望なので、どんどん追加していい。借りられる枚数などは気にせず、10枚以上登録してしまおう。

キーワードを入力して検索する面白そうなタイトルが見つかったら「ウィッシュリストに追加する」(赤枠内)をクリックする
ウィッシュリストにはたくさん登録した方が借りやすくなる ウィッシュリストにはなるべくたくさん登録した方が借りやすくなる

 基本的な手続きは、これで終了。発送されるとメールが来る。新作は借りにくいこともあるので、旧作もいくつか選んでおくといい。今回は無料登録してウィッシュリストに追加したら、翌日に発送してもらえた。

希望していたDVDが届いた
希望していたDVDが届いた。封筒は返却にも使うので、破ったり捨てたりしてはいけない。見終わったら封筒に入れて、ポストへ投函する

 なお、TSUTAYA DISCASの無料お試し期間中は、「HOT NEW」もしくは「NEW」のマークが付いている新作タイトルはレンタルできない。サービスが気に入ったなら、無料期間中でも有料サービスへ移行して、新作をレンタルしてもいいだろう。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン