このページの本文へ

2010年度末までにひかりTVの会員140万人獲得が目標

ぷらら、テレビで買える「ひかりTVショッピング」

2010年09月17日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月16日、NTTぷららは、テレビ向け映像配信サービス“ひかりTV”でショッピングができる「ひかりTVショッピング」サービスを開始した。

テレビ向け映像配信サービス“ひかりTV”でショッピングができる「ひかりTVショッピング」サービス

 ひかりTVショッピングは、ひかりTVのユーザーであれば誰でも画面上からリモコン操作により、商品の選択から注文までができるショッピングサービス。

 サービス開始当初の商品ラインナップは、AV機器などの商品を中心に揃える。今後は映像によって商品を訴求できる強みを生かし、通信販売会社などとの連携や、映像コンテンツと連携した商品の販売を視野に入れているという。購入した商品の代金は、代金引換または月々のひかりTVのご利用料金と合わせて支払う2通りが選択できる。

リモコンで操作しやすいような画面構成。担当者によれば商品は価格比較サイトと比べても安価だというリモコンで簡単に購入か可能なため、不用意に購入が実行されないように暗証番号も設定できる

 なお、ひかりTVは、2008年3月にスタートした、多チャンネル放送やビデオサービス(VOD)、地上デジタル放送、BSデジタル放送などのコンテンツをフレッツ光ネクストまたはBフレッツを利用して提供するIP放送サービス。

株式会社NTTぷらら 代表取締役社長 坂東浩二氏2010年度末までにひかりTVの会員140万人獲得が目標

 当日行なわれた発表会でNTTぷらら 代表取締役社長 坂東浩二氏は、ひかりTVショッピングのほか、BS放送のIP再送信サービスや地デジ放送のIP再送信サービス提供エリア拡大、コンテンツのHD化などを推進することでひかりTVの会員を2010年度末までに140万人獲得したいとした。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ