このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第115回

モバイル「クラスターイオン発生機」はパワースポット!?

2010年09月09日 12時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シャープのプラズマクラスターイオン発生機「IG-CM1 モバイルタイプ」は、明らかに「キレイコンシャス」な女性をターゲットにした商品だ

 今、人間世界は”全てを犠牲”にしてでも「健康」、「綺麗」になりたいというブームのまっただ中だ。特に世の多くの女性は、年齢に関わらず、「キレイ」と「健康」をターゲットに発売される多くのモノに「極めて」強い興味を示し、実現する可能性が「極めて」小さなモノにも「極めて」熱心な姿勢を示す傾向が「極めて」強い。ただし、価格性能比が最優先するところは古来から何も変わってはいないようだ。

 液晶TVでは名を成すシャープが、昨今力を入れているモノに「クラスターイオン」という”物”(ブツ)の応用製品がある。「目の付けどころがシャープでしょ」というキャッチコピーからもわかるように、同社は少し自己陶酔傾向のある企業ではある。そんな同社が、同傾向の「『プラズマクラスター』はシャープだけ」というキャッチフレーズで打ち出している商品に、「プラズマクラスターイオン発生機」というアヤしい響きのモノがある。

プラズマクラスターイオン発生機「IG-CM1 モバイルタイプ」

シャープ版iPodが発売されたのかと思ったパッケージ(*^_^*)

 例によって上野のヨドバシカメラで待ち合わせタイムのヒマ潰しをしていた筆者の目に止まったのが、その最新モバイル版「プラズマクラスターイオン発生機『IG-CM1 モバイルタイプ』」という小さな商品だ。説明書きによると、「高濃度のプラズマクラスターイオンを身の周りに届けます」という製品らしい。筆者の様な文化系一般人には”高濃度”以外はさっぱり分からない”言葉の三重奏”だが、興味のある読者は、”プラズマ”、”クラスター”、”イオン”のそれぞれをインターネットで十分に調べて納得していただければと思う。

パッケージを開けるとこれだけのモノが入っている
シャープだけが提供できるという「高濃度プラズマクラスター」アイコンが目立つ「プラズマクラスター」はシャープの登録商標であり、科学的な標準言語ではない。そのため、「プラズマクラスターはシャープだけ」というキャッチフレーズは当然の表現ではある

 学者やその道の研究者が、長時間にわたって研究に研究を重ね開発した”人間に良いモノ”をざっくり理解するという曖昧さは不謹慎かもしれない。しかしあえて言うなら、IG-CM1は、空気の浄化や脱臭機能や美肌効果があると主張されているプラスイオンやマイナスイオンをドバァ~ッと固まりで吹き出せる携帯型ハードウェアらしい。

 シャープによると、自然界にあるのと同じプラスとマイナスのイオンをプラズマ放電により作り出し放出する。それによって、浮遊するウイルスを抑え、浮遊カビ菌/アレル物質や付着したニオイを除去するという同社だけの技術らしい。どうも、具体的効果以外のすべての”作用メカニズム”や”安全性”は国内外の著名な研究所の実験結果や実績で証明できるようだ。

 またIG-CM1最大の効能は「美肌効果」であるという。美肌効果を具体的に分類すれば、それは「ツヤ」(保湿)、「ハリ」そして「キメ」という項目だそうだ。何よりも同社の女性社員が具体的例を携えて「ビフォーアフター」で証明するのが一番の宣伝戦略だが、どうやら今はまだそのタイミングではないようで残念だ。


「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン