このページの本文へ

ACUBE「CB-mDP2dDVI」

Mini DisplayPort→DualLink-DVI-D変換アダプタが販売開始

2010年02月02日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Mini DisplayPort→DualLink-DVI-D変換アダプタ「CB-mDP2dDVI」がACUBEから発売となった。

「CB-mDP2dDVI」 Mini DisplayPort出力をDualLink DVI-Dに変換するというアダプタ「CB-mDP2dDVI」。ケーブル長は約300mmで電源供給用に別途5VのUSBコネクタを接続して使用する仕組み

 この製品は、Mini DisplayPort出力をDualLink DVI-Dに変換するというアダプタ。最大解像度は2560x1600表示までをサポート。ケーブル長は約300mmで電源供給用に別途5VのUSBコネクタを接続して使用する仕組み。
 Mini DisplayPort出力をもつ代表的なビデオカードとしては、昨年登場したAMDのウルトラハイエンドGPU「Radeon HD 5970」搭載モデル。また、アップル社製のノートPC「MacBook」などでも標準で採用されている。ただし、すべての機器での動作を保証するものではなく、相性などで動作しない場合にでも交換や返品は不可能なので注意したい。価格はアークで1万9980円。ちなみに、DisplayPort→DualLink DVI-D変換アダプタがすでに発売済みだ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中