このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Adamo XPSをフォトレビュー VAIO Xとも比べてみたぞ

2009年12月15日 12時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 平均の厚さが10mmを切るという極薄ボディーで話題をさらったデル(株)のモバイルノート「Adamo XPS」。その実機(英語版)を借用する機会を得たので、フォトレビューをお届けしたい。


極薄で幅広のボディーには思わず絶句

Adamo XPS
Adamo XPS

 既報のとおり、Adamo XPSは13.4型ワイドとモバイルノートでは大きめのディスプレーとパソコン本体を、厚さ9.7~10.3mm(平均9.99mm)の極薄ボディーに収めている。まちがいなく、現時点で世界最薄のノートパソコンだ。

閉じた状態での本体前面
閉じた状態での本体前面。エッジが薄くなるデザインは珍しくないが、ここまで薄いものはほかにない
本体背面
本体背面。両端の黒い部分は、開いた状態でのスタンドになる部分のゴム足
本体天面 本体に週刊アスキーを載せて
本体天面。デルとAdamoのロゴ以外何もない、金属の質感を生かしたデザイン本体に週刊アスキーを載せてみた。週アスの縦幅とほぼ同じ奥行きがあり、13.4型にしてはかなり大きい

 薄さだけでなく、デザインも奇抜で個性的である。通常のノートパソコンは、ディスプレー部とキーボードを備えた本体を、辺の一部をヒンジでつなぎ二枚貝のように開閉する。ヒンジ部の配置やデザインに多少の違いはあっても、基本はどれも同じだ。

 ところがAdamo XPSは、閉じた状態ではディスプレー部の中央にキーボード部分が収納され、開くと変形した「ト」の字形にキーボードが展開するという、これまでにないデザインをしている。

Adamo XPSの開き方。前面側にあるタッチセンサーを軽くなぞると、先端のLEDが光り、キーボードをロックしている留め具が外れて開けられるようになる。

 一見するとキーボードが不安定そうだし、「膝上に乗せて使えないのでは?」という気もするが、実際に使ってみるとそんなことはない。机に置いてキーを叩いてもガタガタすることはないし、ディスプレー部の下端を股の上に置けば、膝上でもきちんと使える。奇抜という点ではこれより奇抜なノートはそうないが、アルミの質感を生かした外見とギミックの格好良さが相まって、デザインは編集部でも意外に好評だった。

 日本のビジネス向けモバイルノートのような耐荷重・耐衝撃性は望むべくもないが、満員電車で毎日持ち歩くようなライフスタイルは想定外だろうから、そこにケチをつけるのは野暮というものだろう。

撮影のためにやや傾けた状態
撮影のためにやや傾けた状態。アルミの一枚板のような外観が美しい
ディスプレー部とキーボード部のヒンジ
ディスプレー部とキーボード部のヒンジ。スリットは吸排気口。CPUはキーボード部にあるようだ

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン