このページの本文へ

アップルコンピュータ、SANファイルシステム『Xsan』の出荷を開始

2005年01月05日 16時42分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルコンピュータ(株)は5日、SAN(Storage Area Network)ファイルシステム『Xsan(エックスサン)』(M9634J/A)の出荷を同日付けで開始したと発表した。価格はオープン。同社のオンラインストア“Apple Store”では1システムを10万2900円で販売する。

管理画面
“Xsan Admin”

『Xsan』は、ビデオポストプロダクション/データセンター/放送/ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けストレージシステム用の64bitファイルシステムを構築するためのソフト。ファイル共有、ボリューム管理、データ管理、リモート管理などの機能を搭載しており、メタデータコントローラのフェイルオーバーや、ファイバーチャネル(Fibre Channel)のマルチパス構成、ファイルレベルでのロックなどをサポートしているのが特徴。設定/管理/監視を行なうための管理ツール“Xsan Admin”も統合されている。最大64システムが共有ボリュームに同時アクセス可能で、RAIDシステム『Xserve RAID』を利用すれば最大16TBのボリュームを管理できるという。

製品パッケージ
『Xsan』

対応機種は、Xserve、Xserve G5、Power Mac G4(デュアル構成の800MHz以上)、Power Mac G5。ファイバーチャネルインターフェースには、同社製のApple Fibre Channel PCI-Xカードのほか、米ブロケード コミュニケーションズ システムズ社や米QLogic社、米Emulex社の製品を利用可能。対応OSは、Mac OS X 10.3、Mac OS X Server 10.3。米Advanced Digital Information(ADIC)社のファイルシステム『StorNext File System』を利用すれば、Windows XP/2000、Windows 2003 Server、Solaris、Linux、IRIX、AIXなどを搭載したシステムをSANのノードとして接続することもできる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン