このページの本文へ

稼動状況がひと目でわかるアクティブライト付きのDDR SDRAMメモリが登場

2003年09月26日 23時41分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CMX512-3200C2PRO
「CMX512-3200C2PRO CL2(PC3200/512MB/1枚)」

 メモリモジュールメーカーとしてお馴染みのCorsairから、一風変わったDDR SDRAMメモリが登場した。なんと稼動状況によりメモリ上部に設けられたアクティブライトが点灯するという製品だ。



メモリ上部 アクティブライト
稼動状況によりメモリ上部に設けられたアクティブライトが点灯するという

 このメモリは同社の“XPM PRO”シリーズの製品で、ラインナップはPC4000のタイプとPC3200のタイプがあり容量は512MB。さらにブリスターパッケージに入ったメモリは、1枚と2枚セットの計4製品がある。
 実際に見てみると、ヒートスプレッダのような黒い板を装着したモジュールは、従来のものよりも若干高さがある。搭載チップ及び内部の構造は不明だが、同社の製品情報によるとメモリを取りつけた状態でPCを動作させると稼動状況により上部のアクティブライトが点灯するとしている。このアクティブライトは1列9個の2列、合計18個のLEDで構成されており、緑から黄色、赤と並んでいる。稼動レベルに応じて緑色から黄色、そして赤へとオーディオ機器のレベルインジケータのように光が伸びていくという仕組みで、実際に光る様子はCorsairのウェブサイトで見ることができる。なお“稼動状況”というのはおそらく負荷かメモリ使用率を差すと思われるが詳細は不明。実際、通常PC内部の様子は見えないためにどれほど効果があるのかはわからないが、なんとなく“かっこいい”気はする。



1枚セット 2枚セット
1枚のタイプ2枚セットのタイプ
パッケージ

 販売しているのはUSER'S SIDE本店で価格は「CMX512-4000PRO CL3(PC4000/512MB/1枚)」が3万800円、「TWINX1024-4000PRO CL3(PC4000/512MB/2枚)」が6万800円、「CMX512-3200C2PRO CL2(PC3200/512MB/1枚)」が2万2800円、「TWINX1024-3200C2PRO CL2(PC3200/512MB/2枚)」が4万5800円と相場と比べてかなり高価なものだが、メモリマニアにとっては注目の製品だろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ