このページの本文へ

ソフトバンク・グループとネクサス、“Yahoo! BB”と“BBフォン”の販促を行なう合弁会社を設立

2002年09月03日 19時53分更新

文● 編集部 高橋洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビー・ビー・テクノロジー(株)、ソフトバンク・コマース(株)、(株)ネクサスは3日、ブロードバンド総合サービス“Yahoo! BB”とIP電話サービス“BBフォン”の販促を行なう合弁会社“ビー・ビー・ショップ株式会社”(略称はBB SHOP!)を8月30日付けで設立したと発表した。

新会社の資本金は1億5000万円で、出資比率はソフトバンク・コマースが51%、ネクサスが30%、ビー・ビー・テクノロジーが19%。本社は東京都中央区。 Yahoo! BBが接続されたパソコンとBBフォンを自由に利用できる“BB SHOP!(ビー・ビー・ショップ)”を全国的に展開し、両サービスおよび関連機器の販促を行なう。

ソフトバンク・コマースが販促、ビー・ビー・テクノロジーがYahoo! BB関連サービスの提供とサポート、ネクサスが店舗展開および新規代理店の獲得を担当する。6月には東京都渋谷区に1号店をオープンしており、2004年3月までに1500店舗を展開する予定。店舗によっては、Yahoo! BBを利用できるカフェスペース“BBカフェ”を併設するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン