このページの本文へ

東芝、5GBのHDDに約1000曲を保存できるデジタルオーディオプレーヤー『GIGABEAT』を発売

2002年06月17日 21時22分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝のデジタルメディアネットワークス社は17日、5GBのPCカード型HDDに約1000曲を保存できるデジタルオーディオプレーヤー『GIGABEAT(ギガビート)』を22日に発売すると発表した。価格はオープン。

『GIGABEAT』
『GIGABEAT』

『GIGABEAT』(MEG50JS)は、記録メディアにPCカード型HDD『モバイルディスク5GB』(MEHDD50J)を採用したデジタルオーディオプレーヤー。モバイルディスク5GBをパソコンのパソコンのPCカードスロットに装着して直接データを交換できるほか、USB 2.0インターフェースを利用したデータ転送も可能。USB接続では付属のアプリケーションソフト『TOSHIBA Audio Application』を利用して、パソコン上のCD1枚ぶんのデータを約30秒で転送できるという。オーディオデータ形式は、MP3、WMA、WAVに対応する。サンプリング周波数は22.05k~48kHz、ビットレートは16k~320kbps。オーディオデータ以外のデータも保存でき、USB接続のHDDドライブとして利用することもできる。

『モバイルディスク5GB』『モバイルディスク5GB』

明るい場所で表示を見やすくする赤色の“ホログラフィックシート”と、暗い場所で見るためのブルーバックライトを搭載したモノクロ液晶ディスプレー(160×120ドット)を装備する。表示は日本語/英語/フランス語/スペイン語/ドイツ語の5ヵ国語に対応。電源は、独自開発のアドバンストリチウムイオン充電池で、約18時間の連続再生が行なえる。充電時間は付属のACアダプターで約3時間30分。ボディーにはアルミ合金を採用し、本体サイズは幅72.5×奥行き112×高さ22.3mm、重量は235g(モバイルディスク込み)。対応機種は、PC/AT互換機。対応OSは、Windows 98/98 SE/Me/2000/XP。製品にはワイヤードリモコン、専用USBケーブル、キャリングポーチなどが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン