このページの本文へ

東芝、ネットワークドライブとして認識可能なポータブルオーディオプレーヤー『gigabeat G21』を4月9日に発売

2004年03月18日 18時22分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は18日、2003年10月に発売したHDD内蔵ポータブルオーディオプレーヤー『gigabeat(ギガビート) G20』の後継機種として、USB接続のLANアダプターに対応しネットワークドライブとして認識可能な『gigabeat G21』を4月9日に発売すると発表した。価格はオープンプライス。同社ウェブサイトを通じて販売される“インターネット販売モデル(型番:MEG201)”の価格は4万7040円(税込)、無線LANアダプターをセットにした“無線LANアダプタセットモデル(型番:MEG201WL)”は5万2500円(税込)。なお、gigabeat G20は製造完了し、店頭在庫のみとなる。

『gigabeat G21』
『gigabeat G21』。左が店頭販売/ウェブ販売モデルの“コスモブラック”、右はウェブ販売モデルのみの“ミストグレーメタリック”

gigabeat G21は、1.8インチ20GB HDDを内蔵し、内蔵リチウムイオン充電池で11時間連続再生(同社調べ)が可能なポータブルオーディオプレーヤー。これらスペックは従来機種から変更ないが、新たに以下のような変更・機能強化が行なわれた。

  • 付属の充電スタンドのUSBポートに有線/無線LANアダプターを接続することで、gigabeat G21の内蔵HDDをネットワークドライブとしてパソコンなどから読み書き可能
  • イコライザーの設定数を28種類に増加(従来は4種類)
  • ブルーバック液晶ディスプレーのネガポジ反転表示機能を搭載
  • リモコン兼用ストラップを同梱
  • 筺体色の変更(店頭販売モデルは“コスモブラック”、ウェブ販売モデルは“コスモブラック”と“ミストグレーメタリック”の2色)
  • 音楽ファイルの転送・管理ソフトウェア“TOSHIBA Audio Application Ver.3.0(TAA Ver.3.0)”を付属

付属の充電スタンド
付属の充電スタンドには、USBホスト対応のUSB 1.1ポートと、パソコン接続用のUSB 2.0ポートが用意されている

充電スタンドのUSBポートには、新たにUSBホスト機能(USB 1.1相当)を追加し、対応する有線/無線LANアダプター(※1)を接続できるようになった。なお、LANアダプターの設定にはパソコンが必要。ただし、USB 1.1相当での接続となるため、転送速度は最大でも12Mbps(理論値)となる。充電スタンドには、別途パソコンとの接続用にUSB 2.0ポートを用意しており、同社では「初回使用時など、大量の音楽データを転送したい場合にはUSB 2.0でパソコンに直接接続し、楽曲データの追加など少量のデータ転送で済む場合にはネットワーク接続、という具合に使い分けてほしい」(広報担当者)と説明する。ちなみに、ウェブ直販の“無線LANアダプタセットモデル”に付属するのは(株)バッファローの『WLI-USB-KB11』となる。

※1 対応する有線/無線LANアダプター 東芝が動作確認済みの有線LANアダプターはバッファローの『LUA2-TX』、(株)アイ・オー・データ機器の『USB-TE/TX-S』(いずれも10/100BASE-TX対応)、無線LANアダプターはバッファローの『WLI-USB-KB11』、アイ・オー・データ機器の『WN-B11/USBSL』。今後対応機種が増えた場合は、東芝のウェブサイトで順次告知される。

本体側面と上面 付属のリモコン兼用ネックストラップ
本体側面(左)と上面(右)。本体にもUSB 2.0ポートがあり、充電スタンドを利用しなくても直接パソコンに接続できる付属のリモコン兼用ネックストラップ。模様のような“>”ボタンで再生や曲選択が可能なほか、ヘッドフォンも接続できる。多少の汗には耐えられる加工が施されているとのこと

TAA Ver.3.0は、新たにネットワーク経由での楽曲データ転送に対応したほか、パソコンの保存先フォルダーとgigabeat本体を比較して、gigabeatに含まれない楽曲のみを自動的に転送する“同期機能”、gigabeatのHDD内に再生曲順を記録した“ライブラリ”データを自動生成する機能、などが追加された。

主な仕様は、対応オーディオフォーマットはWMA/MP3/WAV、サンプリング周波数は22.05k~48kHz、ビットレートは16k~320kbps。収録時間はビットレート128kbpsの楽曲データで、約332時間。液晶ディスプレーの表示解像度は160×86ドット。

本体サイズと重量は、幅76.5×奥行き89.5×高さ12.7mm/約138g(本体のみ)。TAA Ver.3.0の対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP。動作環境は、CPUがPentium II-300MHz(Pentium III-1GHz以上を推奨)、メモリー128MB以上、HDD 100MB以上など。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン