このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第32回

fromヨーロッパの激安名刺 思わずポチッたその実力

2008年12月12日 15時02分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
これら全てがヨーロッパから郵送されてきて1500円以下、価格革命か!
これら全てがヨーロッパから郵送されてきて1500円以下、価格革命か!

 国が異なれば常に度量衡の単位が異なるのは当たり前だ。今も世界中で統一的な表示、表現に合わせようとする努力はなされている。

 しかし、慣れ親しんできた単位を、そうやすやすと「世界標準化」という安易な大儀のために変えられてもたまらない。服のサイズも、靴も、ゴルフの飛距離も、クルマのスピードも、メタボの限界値も、PC互換機のネジも、ケーブルの長さも、統一はまだまだこれからだ。

 ビジネスに必須の名刺の世界も同様だ。クレジットカードのサイズと似ているようで少し違う、日本の名刺サイズは91mm×55mm。一方、欧米で使用されている名刺は89mm×51mmと少し小振り。綺麗な銀座のお姉様に似合うより小さな70mm×39mmサイズもある。

 

 筆者が値段の安さに負けて海外まで注文した「Vista Print」社の名刺はなんとそれらのいずれにも属さない、87mm×49mmという変則サイズの名刺の王様だ

三週間後の出荷(追加料金無し)を選択したが1週間以内にヨーロッパから届いた住所ラベル100枚 オーダーから約1週間後に届いた名刺250枚 87mmX49mm変形サイズ
三週間後の出荷(追加料金無し)を選択したが1週間以内にヨーロッパから届いた住所ラベル100枚オーダーから約1週間後に届いた名刺250枚 87mmX49mm変形サイズ

「戦略的衝動買い」とは?


 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン