このページの本文へ

Altec Lansingブランドの新製品

ハンズフリー通話も可能なiPodスピーカー「T612」

2008年12月09日 20時21分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本プラントロニクスは9日、Altec LansingブランドのiPhone/iPod用スピーカー「Altec Lansing T612 ドッキングスピーカー」を12月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、予想実売価格は2万4800円。

Altec Lansing T612

Altec LansingのT612。ワイヤレスリモコンで、本体にドッキングさせたiPodの再生/停止、早送り/巻き戻し、音量調節、低音/高音調節などの操作を行える。さらに、iPod以外のMP3プレーヤーや、CDプレーヤーとの接続も可能だ

 音楽再生中にiPhoneで着信を受けると自動で通話に切り替えて、通話が終わるとそれまで聞いていた音楽に戻してくれるという「コールサポート」機能を備えているのが特徴。着信時にはiPhoneのスピーカー通話かヘッドセットでの通話を選んで、ハンズフリーで話すことも可能だ。

 一般的なスピーカーの半分の重さを実現したネオジウムスピーカーと、Altec Lansing独自の低音増強技術である「XdB」を搭載したことで、パワフルな低音と、豊かなサウンドを実現しているという。また、本体内には、iPhoneなどの携帯機器から生じるノイズを低減するGSMシールドを備えている。本体サイズは幅354×高さ208×奥行き173mm。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中