このページの本文へ

アンプにこだわった、iPod用2.1chスピーカー

2008年11月22日 04時22分更新

文● ASCII.jpj編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プリンストンテクノロジーは21日、iPod用の2.1チャンネルスピーカー「Jive Box」(型番はPSP-HDB)を12月上旬に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、実売価格は2万4800円前後。

Jive Box 本体側面にライン状に入ったLEDライトは、青・赤・緑の3色に発光する。また、操作は付属のリモコンで行う

 iPodでの音楽再生のほか、動画の出力にも対応したマルチメディアスピーカー。従来のアンプに比べてエネルギー変換率を改良し、出力効率を向上させたという「ClassHD」のデジタルアンプを搭載。ボリュームを上げても音割れしにくく、低音量でもゆがみが少ない再生が可能とのこと。アンプの最大出力は90Wだ。サブウーファーには、底面の振動板(パッシブラジエータ)を低音域で共鳴させる「パッシブラジエータ方式」を採用している。

 Dockコネクタには前後に動く可動式を採用しているため、さまざまなiPodを安定して装着できる。また、iPodを本機に装着したままUSBケーブルでPCやMacと接続すれば、iTunesとの同期が可能だ。このほか、15分間操作や音声入力がない場合に、自動的にスリープに入るなどの機能も備える。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中