このページの本文へ

バッファロー、USB 2.0端子搭載のSATA II対応2.5インチSSD「SHD-NSUM」シリーズを発表

USB端子搭載で外付けも内蔵もOKなSSD

2008年09月19日 06時26分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)バッファローは18日、インターフェースにUSB 2.0端子を搭載し、外付けストレージとしても利用できるSATA II対応の2.5インチ内蔵SSD「SHD-NSUM」シリーズを9月下旬に発売すると発表した。30/60/120GBの容量別に3モデルをラインアップ。価格は順に1万6800円、3万3600円、5万400円だ。

SHD-NSUM」シリーズは、本体サイズが2.5インチサイズ(幅100×奥行き70×厚さ9.5mm)のノートパソコン向け内蔵SSD。一般的な5400回転の2.5インチ内蔵ハードディスクに比べて、システムの起動やデータ転送の時間が短縮するほか、ソフトウェアが高速に動作するのが特徴だ。

SHD-NSUMシリーズ

記憶媒体に磁気ディスクを採用するため回転時に騒音が発生してしまうハードディスクに対し、フラッシュメモリーを採用する「SHD-NSUM」シリーズは使用時でも無音で動作する。ハードディスクの騒音が気になっていたユーザーにもお勧めだ

対応システムは、Mac OS X 10.4以降(Leopard対応)、Windows 2000/XP/Vista。MacBookシリーズの内蔵ストレージとしても利用可能だ。重さは70g。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中