このページの本文へ

君は10機組んで、頂武部隊を結成するか? ガンダム00よりHG GN-X登場!

2008年07月18日 20時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ガンダムに対抗するAEU、人類革新連盟、ユニオンへ各10機ずつ配備されたモビルスーツ「GN-X」(ジンクス)が1/144スケールのHGシリーズで登場した。 同MSの劇中の活躍をいまさら語る必要はあるまいが、GNドライブを搭載しており、ガンダムをも撃破する性能を持っている強力なMSとなっている。

HGシリーズのGN-X(ジンクス)の価格は、1260円となっている

HGシリーズのGN-X(ジンクス)の価格は、1260円となっている

 今回発売されたのはジンクスは、立体的なフォルムが特徴のMSのため、サンプルが発表された段階では、出来上がりを心配する声も聞かれた。しかし今回、展示されていたサンプルを見る限り、素組みの状態のバランスもよいように感じられた。ただ、ランナーからパーツを切り出す際は、灰色パーツはゲート部分が白くなりやすいので、素組み派の人は切り出しの際に注意が必要になるだろう。 付属する兵装だが、GNビームライフル、シールド、GNビームサーベルが2本となっている。GNビームライフルはパーツを組み替えることで、ショートレンジVer.とロングレンジVer.の2パターンの切り替えが可能になっているとのこと。
 アソビットキャラシティ2Fに展示されていたサンプルは、ロングレンジのGNビームライフルとGNビームソードを装備したものとなっていた。

サンプル展示されている機体を撮影したのだが、引きの絵は、ピンが甘く入ってしまいました。楽しみにしている読者の皆さん申し訳ない!!

背面上部から撮影した際の人間でいうところのうなじの辺りを見てもらいたい。灰色のパーツは写真のようにランナーから切り離し際の白い部分がとても目立つので、できることならヤスリ掛けなどできれいに処理をしよう

こちらが、ロングレンジVer.のGNビームライフル。大きさは機体の2/3くらいの大きさとなっている

こちらが、ロングレンジVer.のGNビームライフル。大きさは機体の2/3くらいだ

このほか、展示されていたサンプル


アソビットキャラシティの2Fのショーケースでは、7月24日発売のSUPER HCM Proシリーズの「MS-06J 量産型ザク」とMGシリーズ「RX-78-2 ガンダム Ver.2.0」の展示が行われている。静岡ホビーショーにいけなかった人は、発売前に完成品をチェックできるので足を運んでみよう

【関連リンク】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ