このページの本文へ

“Radeon HD 2400 PRO”採用でDirectX 10/SM4.0対応のAGP対応カードがデビュー!

2007年07月20日 22時28分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “Radeon HD 2400 PRO”搭載ビデオカードとしては初のAGP対応モデルとなる「GC-RX24PGA2-D3」がGeCubeから発売された。AGP対応ビデオカードもついにDirectX 10世代に突入だ。

「GC-RX24PGA2-D3」パッケージ 「GC-RX24PGA2-D3」
DirectX 10とShader Model 4.0をフルサポートする“Radeon HD 2400 PRO”搭載のAGP対応モデル「GC-RX24PGA2-D3」

 DirectX 10とShader Model 4.0をフルサポートするAMDの最新GPUである“Radeon HD 2400 PRO”を採用することで、「GC-RX24PGA2-D3」はAGP対応ビデオカードでは初のDirectX 10/SM4.0をサポートする製品となった。もちろん同GPUのウリのひとつである動画再生支援機能“UVD”を搭載しHDCPにも対応。残念ながら、現時点ではHDMI出力に関する情報がないために対応状況が不明(PCI-Express版は対応)という点はあるが、どちらにせよ「ゲームはしないがAGP対応の最新GPU搭載カードが欲しい」と考えていたユーザーにとっては注目カードのひとつだ。

「GC-RX24PGA2-D3」基板裏面 動画再生支援機能“UVD”を搭載しHDCPにも対応。基板裏面にはAGP-PCI-Express変換ブリッジを搭載している

 その他、主な仕様はコア/メモリクロックが525MHz/770MHz。搭載メモリはDDR2 256MB(64bit)で、インターフェイスはVGA/DVI/TV-OUTという構成。付属品はTV-OUTケーブルのみで、HDTV出力ケーブルやその他変換アダプタの類は付いていない。本日入荷を確認したのはアークで価格は1万1480円。先行して販売されているPCI-Express版より約2000円ほど高額となっている。

「GC-RX24PGA2-D3」ポップ 「ゲームはしないがAGP対応の最新GPU搭載カードが欲しい」と考えていたユーザーにとっては注目カードのひとつとなりそう

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中