このページの本文へ

“Radeon HD 2600 PRO”初のAGP対応カードが玄人志向からデビュー!

2007年08月01日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “Radeon HD 2600 PRO”採用のビデオカードでは初のAGP対応モデルとなる「RH2600PRO-A256HW」が、玄人志向からデビューとなった。AGP対応カードとしては、ハイエンドモデルということになりそうだ。

「RH2600PRO-A256HW」 “Radeon HD 2600 PRO”採用のビデオカードでは初のAGP対応モデルとなる「RH2600PRO-A256HW」が、玄人志向からデビュー

 すでに“Radeon HD 2400 PRO”搭載のAGP対応ビデオカードは、今回の玄人志向を含め3メーカーから発売され秋葉原でも人気。その“Radeon HD 2400 PRO”搭載のAGP対応カードでは一歩出遅れた形となった玄人志向だったが、今回の“Radeon HD 2600 PRO”搭載のAGP対応カードでは無事一番乗りという格好だ。
 DirectX 10/SM4.0のサポートや動画再生支援機能“UVD”を搭載し、HDCPにも対応するところなどは従来通り。コア/メモリクロックは600MHz/800MHzで、搭載メモリはDDR2 256MB。インターフェイスはDual DVI(DualLink対応)/TV-OUT(HDTV出力対応)。価格はフェイス秋葉原本店で1万6770円、TWOTOP秋葉原本店で1万6780円、TSUKUMO eX.とツクモパソコン本店IIで1万7780円となっている。

「RH2600PRO-A256HW」カード
AGP対応カードとしては、ハイエンドモデルということで人気となりそう。初回の流通量もそれほど多くはないようだ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中