前へ 1 2 次へ

RAPID IPS採用で高リフレッシュレートと鮮やかな色味を実現

180Hz駆動で2万円台前半の高コスパ!ゲーミングディスプレー、MSI「G244F E2」レビュー

文●飯島範久 編集●ASCII

提供: エムエスアイコンピュータージャパン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近のディスプレーは27インチクラスが人気の傾向だが、ゲーミングに関してはまだまだコンパクトな24インチクラスのディスプレーが好まれることも多い。プレイするゲームにもよるが、画面全体を把握しやすく視点移動も少なくて済むため、プロゲーマーにも愛用されているサイズだ。

 そんな根強い人気の画面サイズのゲーミングディスプレー「G244F E2」がエムエスアイコンピュータージャパン(MSI)から発売された。23.8インチフルHD解像度で、RAPID IPSパネルを採用しているところが特徴。しかも、2万円台前半と購入しやすい価格というのも魅力だ。

RAPID IPSパネル採用で高速駆動と高画質を両立

「G244F E2」は3方がスリムベゼルになっており、複数台を並べて使うというのもあり

 液晶パネルにはいくつかの方式があるが、一般的にIPSパネルは高画質、発色がいいとされている。ところが応答速度はそれほど速くなく、ゲーミングディスプレーとしては不向きだった。

 そこで、応答速度を改善したのがRAPID IPSパネルだ。MSIはこのRAPID IPSパネルを採用したゲーミングディスプレーを数多く発売しており、高画質でゲームが楽しめる環境を提供してきている。

「G244F E2」も、このRAPID IPSパネルを採用。23.8インチのフルHD解像度で、応答速度は1ms(GTG)を実現。リフレッシュレートが180Hzなので、一瞬の表示が生死を分けるFPSゲームをプレーするにも十分なスペックを有しており、残像感の少ない映像でゲームを楽しめる。

 色域はsRGBカバー率が93%、DCI-P3カバー率が88%とクリエイティブ向けにはやや届かないものの、輝度は300nit、コントラスト比が1000:1で最大表示色は約1677万色と、不足のない製品になっている。

 画面のカクつきを抑える同期機能としてはAdaptive-Syncに対応。暗いシーンで視認性を高めるナイトビジョン機能にも対応し、より残像感を低減するアンチモーションブラー機能も備えており快適なゲームプレイが可能だ。

ナイトビジョン機能の「AI」は、表示内容に合わせてAIによる暗部のみ明瞭化補正が行われるので、明るい部分が白飛びするようなことはない

 また、目の疲れを低減するブルーライト軽減機能はもちろん、ちらつきを抑えるアンチフリッカー機能も備える。いずれも第三者機関のTÜV Rheinlandの認定を受けており、目に優しく長時間安心してゲームがプレイできる仕様になっている。

 一方で、価格が抑えられているためか、調整機能はチルト機能しか備わっていない。細かく角度調整したいという場合は、VESA75に対応しているので、別途ディスプレーアームを用意して利用するといいだろう。

チルト機能は-5°~20°と一般的

 OSD画面は、スティックタイプのナビキーを採用。直感的な操作が可能で非常に使い勝手がいい。この操作性はすべてのディスプレーに採用されてほしいと筆者は思う。

背面に手を回しての操作がやりやすい

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月