前へ 1 2 3 次へ

GPU負荷が高いゲームもフレームレートが重要なゲームも快適

ゲーミングPCデビューにおすすめのスペックで約18万円と魅力的な17.3型ノート「Katana 17 B12V」シリーズ

文●石川ひさよし 編集●ASCII

提供: エムエスアイコンピュータージャパン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回紹介するのはMSIのゲーミングノートPC「Katana 17 B12V」シリーズの「Katana-17-B12VFK-038JP」。一般的なPCショップや家電量販店向けのモデルだ。17.3型の大画面&ゲーミング要素を詰め込んだデザインで、eスポーツタイトルを中心に各種のゲームを楽しめるスペックが魅力の「Katana 17」だが、ここに来てKatana-17-B12VFK-038JPはコスパという面でも魅力を増している。リリース当初こそ25万円前後だったが、執筆時点での価格は18万円前後。いわゆるお買い得モデルである。そんなKatana-17-B12VFK-038JPの魅力に迫ってみよう。

Katana-17-B12VFK-038JP 実売価格は18万円前後

重いゲームも軽いゲームもどちらも快適

 Katana 17 B12Vシリーズのターゲットはエントリー〜ミドルレンジのゲーマーで、ノートPCでも快適なプレイを望むユーザーだ。ディスプレイは17.3型と大きめだが解像度は1920×1080ドットで、リフレッシュレートは144Hzとゲーミングエントリーの定番スペック。CPUはハイエンドのCore i7とし、Core i9のように高望みはしていない。そしてGPUは最新世代だがGeForce RTXシリーズの中ではエントリーのGeForce RTX 4060 Laptop GPUとしている。

ゲーミングノートらしいデザインにほどよいスペックと価格が魅力

 およそのパフォーマンスだが、まずGPU負荷の高いタイトルでは中画質〜DLSSを利用しつつ高画質設定で60fpsを満たす。eスポーツタイトルでは144Hzのリフレッシュレート・スペックに対し、高画質設定で144fpsを安定して出せる。まずはゲームベンチマークの結果をご覧頂こう。

 最初はGPU負荷が高いタイトルの例としてCyberpunk 2077。レイトレーシングONの場合、プリセットの「レイトレーシング:中」あたりまでが平均60fps前後。DLSSをONにすれば「レイトレーシング:ウルトラ」でも平均84fpsを記録できた。ただしもっとも高負荷の「レイトレーシング:オーバードライブ」についてはDLSSを有効としても平均50fpsあたりだった。

Cyberpunk 2077のフレームレート数値

 次にやや重いタイトルのFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク。このあたりになると高品質設定でも9510ポイントを記録し、評価も「とても快適」が得られている。標準品質設定なら10000ポイントを超え、ひとつ上の「非常に快適」にアップする。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークの数値

 そして比較的軽量のBLUE PROTOCOL。最高画質でも16710ポイントで「極めて快適」評価だ。

BLUE PROTOCOLの数値

 続いてDiablo IV。ウルトラ画質でも平均164fpsが得られているので144Hzパネルのスペックを存分に活かしたプレイが可能だ。

Diablo IVのフレームレート数値

 さらに軽量のTom Clancy's Rainbow Six Siege。最高画質設定でも平均295fpsを記録している上に、最低fpsも224fpsだったので144fpsを下回ることは一瞬たりともない。ほか、eスポーツの人気タイトルも一例を紹介しておくと、まずAPEX Legendsで画質項目を高や極、テクスチャフィルタリングを異方性16Xとした設定で平均140.8fps、Overwatch 2のEPIC設定で平均143.7fpsと、多くのeスポーツタイトルで最高画質プレイが可能だ。

Tom Clancy's Rainbow Six Siegeのフレームレート数値

Katana 17 B12VとB13Vはターゲットも若干違う。カジュアルゲーマーならKatana 17 B12V

 このようにエントリー〜ミドルレンジゲーマーを納得させるゲーミングパフォーマンスが証明されたわけだが、お求めやすい価格には理由もある。Katana 17 B12Vシリーズは2023年2月発売でまだ1年も経っていないが、実は直後の2023年4月にKatana B13Vシリーズがリリースされている。つまり併売されているが型番的にはひとつ世代が古い扱いになる。ただし、価格はKatana-17-B12VFK-038JPのほうがKatana 17 B13Vシリーズよりも10万円近く安い。Katana 17 B13Vシリーズがより新しく高性能という点は事実だが、予算が20万円以下で先に示したパフォーマンスがニーズを満たせるならばKatana-17-B12VFK-038JPはお買い得と言えるだろう。

 両者の違いを知っておくことも重要だ。実はKatana 17 B13VシリーズもGPUはGeForce RTX 4060 Laptop GPUである。異なるのはそれ以外の部分で、ディスプレイパネル、CPU、メモリなどだ。

GPU-Zのデータ

 まずKatana-17-B12VFK-038JPのスペックだが、ディスプレイは先に紹介したとおり。CPUはCore i7-12650HでPコア6基、Eコア4基の10コアで16スレッド対応だ。メモリは8GB×2枚の16GBを搭載している。

CPU-ZのCPUデータ

CPU-ZのMemoryデータ。16GBを搭載

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月