前へ 1 2 3 次へ

動画視聴くらいなら快適!合計で3万円台、無料OSと激安NUCで作るオススメPC

文●宮里圭介 編集●ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 外出自粛の緩和が囁かれ始める昨今とはいえ、休日に人が多い場所に行くのは控えている、なんて人もまだ多くいるだろう。先日、あるテレビ番組で65歳以上のご年配の方でもYouTubeを視聴しているというアンケート結果が65%を上回っていたと報じていた。

 普段はスマホの小さな画面で視聴していることが一般的だろうが、休日に家にいる間はテレビやディスプレーの大画面で、動画視聴やインターネットでショッピングなどと考えている人もいるかもしれない。

 しかしながら、そんなちょっとした用途では、10万円以上のPCは手が出し辛い。そんな人にオススメなのが、安価なベアボーンキットだ。今回オススメする「NUC11ATKC2」は、SSDとメモリーを組み込むだけでPCが完成するという、PCベアボーンキット。CPUはCeleron N4505(2コア/2スレッド)で性能は高くないものの、ブラウザーの利用、動画視聴、ビデオ会議、簡単な文書作成といった用途であれば、十分活躍できるだけの実力を持っているのが特徴だ。

 実売2万円前後という激安価格となっていること、また、本体が135×115×36mmというコンパクトなことから、リビングのテレビに接続するネット端末や、気軽に使えるセカンドPCとして最適なモデルといえるだろう。

CPUにCeleron N4505(2コア/2スレッド)を採用。SSDとメモリーを装着するだけで完成する、手軽な小型PCベアボーンだ

 純粋な安さを追求するなら、性能よりも価格だけでSSDやメモリーを選ぶのが定番。256GB以下のSSDや、8GB以下のメモリーを使えば、出費はかなり抑えられるハズだ。

 しかし、容量の少ないSSDやメモリーは確かに安いものの、容量単価は高くなりがち。また、速度面でも不利になることが多く、ただでさえCPUが速くないのに、さらにPCのパフォーマンスが悪くなってしまう危険がある。

 そこで今回はコストパフォーマンスを第一に考え、SSDは500GB、メモリーは16GBと余裕のある容量で構成することにした。もちろん価格は上がってしまうが、そこは無料で使える「Ubuntu」をOSに採用することで、価格を抑えようという作戦だ。

 実売価格を見てもらえるとわかるが、Windows 11 Home 日本語版の価格は1万7000円前後。SSDやメモリーでの価格上昇分は余裕で賄える計算となる。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2023年
01月
02月
2022年
02月
07月
08月
09月
10月
11月
2021年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2019年
09月
11月
2018年
01月
05月
10月
2016年
06月
09月
2015年
01月
02月
11月
2014年
03月
06月
2013年
04月