前へ 1 2 3 次へ

メモリー容量の差で写真現像も高速化!?16GBでもまだ少ない、コスパの高いCrucialのメモリーで32GB以上に増設だ!

文●宮里圭介 編集●ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 11のシステム要件によれば、メモリーは4GB以上となっている。しかし、これはあくまで「OSが動作する」という話だ。最近はウェブサイトもリッチになっていて重いこともあり、4GBではブラウザーで複数タブを開いて利用するだけで動作が重いこともあり、PCを“快適”に使えるかと言われると厳しいことも。

 実際に現在売られているPCを見てみると、確かにエントリーモデルの中にはメモリー4GBという製品も存在する。こういったモデルはメモリーが少ないだけでなく、省電力で低い性能のCPUを搭載し、ストレージも少ないため、データ入力用、動画再生用といったように、単用途向けと割り切って使う製品だと考えるのが妥当だ。

 いろいろなソフトをインストールして、写真編集しながら動画を見るといった、複数の作業を行うには、性能不足を感じることも多いだろう。

メモリーが少ないと、ネット動画を視聴しながら写真編集をするなどといった、ながら作業をすると動作が極端に遅くなり、ストレスを感じることが多くなる

「普通のPC」をどう定義するのかは難しいが、さまざまな用途で使えるだけの性能を備えているのを「普通のPC」と考えた場合、CPUを判断基準にするとわかりやすい。具体的には、インテル Core iプロセッサーか、AMD Ryzenプロセッサーを搭載したモデルがそれに該当する。

実際に家電量販店で売られているメモリー4GBのモデルはCeleronといった、Core iプロセッサーよりも性能の低いCPUが採用されている傾向にある

 このクラスの製品をチェックしてみると、メモリー4GBというモデルはほとんど存在せず、少なくとも8GB、多くは16GB以上となっている。このことからわかる通り、現在普通のPCとして使うのであれば8GBが最低限、16GBが標準といえる。

 しかし、「16GBが標準」と「16GBあれば十分」というのは、少々違う。もちろん、オフィスソフトを使ったり、ビデオ会議をしたり、ブラウザーを使ったりといった一般用途であれば十分というのは間違いない。ちょっとした写真現像や動画編集をする場合でも、16GBで不満を感じることは少ないだろう。

 これはあくまでソフトをひとつずつ使った場合の話だ。一般的なPCの使い方として、あるソフトを使おうと思った時、別のソフトをすべて終了してから起動する、という人は少数派。多くの人は、別のソフトを終了することなく、次に使いたいソフトを起動するはずだ。

複数のソフトを起動していなくても、ブラウザーでメールやYouTube、Amazonなど、複数のタブを開くだけでもメモリーの容量を圧迫する

タスクマネージャーで確認すると、複数のタブを開いているブラウザーがいかにメモリーを使っているかがわかる

 こういった複数ソフトの同時利用を行うと、メモリーの空き容量は圧迫されていく。空き容量が減れば、ソフトの動作が遅くなる、切り替え時の待ち時間が延びるといった症状が出やすくなるため、どんどん快適な環境から遠ざかっていくわけだ。

 最近はソフトのメモリー使用量も増えてきており、ブラウザーとビデオ会議ソフト、オフィスソフトあたりを同時に使えば、8GBでカツカツになる。たとえ16GBあったとしても、あと1つか2つソフトを同時に使えば、余裕はなくなってしまうだろう。

 とくにメモリー使用量が多いのが、クリエイティブ系……写真現像や動画編集、イラスト作成といったもの。純粋に扱うデータが大きいというのもあるが、とくにフィルター処理やレイヤーの数を増やしていくと、CPU負荷やメモリー使用量がさらに増加する。

 例えば数十~数百ものレイヤーがある画像を開こうとして、ひたすら待たされたことがないだろうか。また、複数のソフトを起動していると画面がガタつく、ウィンドウの切り替えで中身の表示が遅れる、キー入力から文字表示まで妙に時間がかかる、ソフトが急に落ちるといった問題も、メモリー不足が原因であることが多い。

 そこでオススメしたいのが、メモリーを16GB以下のまま使うのではなく、32GBや64GBに増設することだ。とくにクリエイティブ系のソフトを使うのであれば、その効果が期待できる。

複数のソフトを動作させてみた例。メモリーが11GB以上消費されているものの、64GB搭載していれば使用率は18%に過ぎず、まだまだ余裕がある

 そのため、ひと昔前に購入したPCを使っていて、メモリーが4GBで動作が重い、クリエイティブ系のソフトを使うようになって、メモリー不足を感じている、という人にはメモリーの増設をオススメしたい。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
02月
07月
08月
09月
2021年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2019年
09月
11月
2018年
01月
05月
10月
2016年
06月
09月
2015年
01月
02月
11月
2014年
03月
06月
2013年
04月