このページの本文へ

LINE NFT、「JR東日本 鉄道開業150年記念駅名標NFT」10月14日発売

2022年10月13日 16時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINE Xenesisは10月14日より、NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」にて「JR東日本 鉄道開業150年記念駅名標NFT」を販売する。

 LINE NFTは簡単な操作・決済方法でNFTの購入および取引が可能なLINEのNFT総合マーケットプレイス。今年4月にサービスを開始して以来、キャラクターやアニメ、スポーツ、アーティストなど幅広いジャンルのNFTを販売し、NFT無料配布機能(エアドロップ)の導入などさまざまな取り組みを進めている。

 JR東日本 鉄道開業150年記念駅名標は、JR東日本が展開する新橋駅、品川駅、川崎駅、鶴見駅、桜木町駅の鉄道開業150年記念駅名標をモチーフとした“3D動画NFT”。購入者特典として用意した特別なNFTと合わせて計6種類を展開予定。

JR東日本 鉄道開業150年記念駅名標
販売概要:新橋駅、品川駅、川崎駅、鶴見駅、桜木町駅の「鉄道開業150年記念駅名標」3D動画をNFT化
     ※別途、本駅名標5種類すべての購入者へ特典として特別なNFTを配布
販売期間:10月14日12時~11月13日24時
販売価格:駅名標1種類あたり1872円
販売個数:駅名標1種類あたり222個
販売方法:LINE NFT内専用ページにて販売 

「駅名標コレクション コンプリート特典」イメージ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン