キーカスタマイズにノイキャン、人感センサーなど独自機能も満載

ASUSが超軽量880グラムでRAM32GB+SSD4TBも搭載可能な次世代ノートPC「ExpertBook」発表!

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 ASUSは8月18日にビジネスノートPC「ExpertBook」の新機種を発表した。880gという軽さと高性能を両立し、長時間駆動も実現しているのが最大の特徴である。一般向けは同日、法人向けは年9月下旬発売で、価格は19万9800円~39万9800円となっている。

一般向け6モデルと法人向け2モデルが発表となった

マグネシウムリチウム合金で880グラムの超軽量
最高32GBメモリと4TDストレージも選択可能

天板はマグネシウムリチウムの削り出しだ

 発表となったのはの「ASUS ExpertBook B9 B9400CBA」で、一般向けが6モデル、法人向けが2モデルある。

 CPUは旧モデルの10世代から一気に最新の12世代コア「i7-1255U」または「i5-1235U」にグレードアップした。メインメモリはLPDDR5-5200を32GBまたは16GB搭載。SSDはPCIe4×4で4TB(2TB×2)または1TB(512GB×2)、512GBを内蔵する。

 ディスプレーは14インチのTFTでノングレア、FHD(1920×1080ドット)。上部は7ミリ、左右は4ミリの狭額縁で、画面比率は94%と非常に高い。

狭額縁だがカメラとマイクはディスプレー上部に設置されている

 インターフェースはThunderbolt4×2、USB3.2Gen2のType-A×1、HDMI2.0b×1、マイクロHDMI×1(アダプターでRJ45有線LANにもなる)、オーディオコンボジャック。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax、Bluetoothは5.1を内蔵する。

本体右には電源インジケーターと、オーディオコンボ、タイプA、ケンシントンロック

左側にはThunderbolt4×2にフルサイズHDMI、マイクロHDMIが並ぶ

「microHDMIイーサネットアダプター」はUSB端子をつかわずに済むのがありがたい

 バッテリーは66Wh搭載と33Wh搭載モデルがあり、駆動時間はそれぞれ20時間と11時間。44分間でバッテリーを1%から60%まで充電可能な高速充電機能も搭載する。

 天板にはマグネシウムリチウム合金を、底面にはマグネシウム合金を使用し、重量は1005グラムと880グラムを実現した。ボディサイズは320×203×14.9ミリだ。

ASUSならではの独自機能も満載
キーカスタマイズにノイキャン、人感センサー

日本語配列だが、英字が大きくすっきりとしたデザインだ

 キーボードは防滴仕様の86キーの日本語配列で、バックライト内蔵。キーピッチは約19ミリ、キーストロークは1.5ミリと長く打ちやすい。タッチパッドはおなじみの「NuimberPad」で、右上を押すとテンキーが表示され、数字入力が可能となる。

パッドの右上をタッチするとテンキーに

 また、「ASUS ExpertWidget」を搭載し、Fnキーと1~4の数字キーを組み合わせて利用可能な独自の「ホットキー」をカスタマイズすることができる。同時押下で事前に設定したプログラムや機能を利用/切り替えする事ができる。

ホットキーカスタマイズに使う1~4キーが縁どられている

 ディスプレイは開くと本体の奥側が5度持ち上がるエルゴリフトヒンジを採用。また、180度まで開くことが可能で、ミーティング時などに画面を真上に向けて1つの画面を複数人に見せることもできる。

フルフラットにすると、複数人で画面を参照できる

 ディスプレイの上方ベゼルに内蔵された4つの無指向性マイクが360°から音声を取得し、通話やビデオ会議で明瞭なオーディオを提供。「ASUS双方向AIノイズキャンセリングテクノロジー」も搭載しており、スピーカー周辺のノイズを除去するアップストリーム機能と、相手からのノイズを除去するダウンストリーム機能を持つ。環境音やキーボードのタイピング音、犬や猫の鳴き声や子供の声など、音声チャット時の周囲の音を除去でき、テレワークでのビデオ会議などもクリアな音声で行うことができる。

 スピーカーにはスマートアンプチップが搭載され、自動的に最大限のボリュームに調整、繊細なスピーカーのボイスコイルへの長期的なダメージを防ぐ。Harman/Kardonとの共同開発で音質も向上している。

指紋認証は電源キーとは別にキーボード右下に設置

アクセサリーボックスは斜めに開くしくみで・・・

PC本体のスタンドになる仕組みだ

 セキュリティーでは、Windows Hello対応の顔認証と指紋認証を搭載。さらに、近接センサも搭載しているため、ユーザーが離れると無人を検出し、一定時間経過後に自動的にディスプレイの輝度を下げ、また、Windowsをロックする事もできる。「ASUS Business Manager」で、USBメモリへのアクセス制限や、暗号化した仮想パーティションの作成、ファイルの完全削除なども行える。

 カメラは92万画素で、プライベートシャッター付き。MyASUSアプリで、照明の最適化、背景のぼやかし、目の追跡、動きの追跡などの機能を選択できる。

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月