前へ 1 2 3 次へ

こだわりの冷却機構とクールなライト演出のミニタワー型ゲーミングPC<Lenovo Legion T550>

文●山口優/編集●村野晃一(ASCII)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

提供(PR):レノボ・ジャパン

 レノボからミニタワー型のゲーミングデスクトップPC<Lenovo Legion T550>が登場した。コンパクトながら徹底的に冷却効率にこだわっており、プロセッサーとグラフィックスの性能をフルに活かすことができる。強化ガラスを採用した筐体デザインやLED内蔵パーツも大きな特徴で、クールなイルミネーション演出でテンションを高めながらゲームをプレイ可能。ここでは、その外観や使い勝手、パフォーマンスなどを紹介していこう。

テスト機の主なスペック
CPU AMD Ryzen 7 5800 (3.40 GHz 最大 4.60 GHz)
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3060 LHR 12GB GDDR6
メモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 2TB HHD(7200rpm)+256GB SSD(PCIe NVMe/M.2)
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.1、有線LAN(1000BASE-T / 100BASE-TX対応)
インターフェース USB 3.0×4、USB 2.0×2、USB 3.1 Type-C×1、オーディオポート×3(ライン出力×1、ライン入力×1、マイクロホン×1)、ヘッドホン×1、マイクロホン×1、LAN×1、DisplayPort×3、HDMI×1
サイズ/重量 およそ幅205×奥行411×高さ396mm/約14kg(最大構成時)
OS Windows 11 Home(64bit)

CPUはAMD Ryzen 7 5800が搭載されている

グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX 3060が搭載されている

シンプルながら洗練されたデザインの筐体を採用

 「Legion T」シリーズは、ユーザーの快適なゲーム体験を重視して開発されたタワー型のゲーミングデスクトップPCだ。高性能なプロセッサーやグラフィックス、イルミネーション演出の映える筐体デザインなど、ゲームを楽しむための特徴を数多く備えている。

 今回試した<Lenovo Legion T550>は、ラインアップのなかでは比較的コンパクトなモデルで、本体サイズは、およそ幅205×奥行411×高さ396mmとなっている。いわゆるミニタワー型のPCケースを採用しており、ミドルタワー型などに比べて天地や奥行きが小さく設置スペースも少なくてすむ。

足元や机の上にも置きやすいミニタワー型のPCケースを採用する

 本体カラーはブラックで、直方体の側面の角が丸まったようなフォルムをしており、シンプルだが洗練された飽きのこないデザインになっている。本体天面および本体前面から左側面にかけては目の細かいメッシュ状のパネルが嵌め込まれていて通気性はかなり良さそう。本体背面や底面も部分的にメッシュ状になっており、内部の熱を逃がしやすい構造になっている。

直方体だが、角にRがついているため、うっかり体をぶつけても痛みは少なそう

本体天面のメッシュパネル。網目が細かいので内部に物が入り込む心配は少ない。奥側にはLenovoのロゴプレートが嵌め込まれている

本体前面。メッシュパネルに「LEGION」の「O」のマークが嵌め込まれている

本体前面から左側面にかけて回り込むようにメッシュパネルが搭載されている

本体背面も部分的にハニカムメッシュになっており、内部の熱を逃がしやすくなっている

 本体左側面は強化ガラス製のサイドパネルが搭載されており、パネルを開けなくても内部パーツの動作状況を見ることができる。後述するように内部にはLED内蔵パーツが組み込まれており、電源を入れるとカラフルなイルミネーション演出を楽しむことが可能だ。

本体左側面は「LEGION」のロゴ入り強化ガラス製サイドパネルが搭載されている

 インターフェースは、本体天面の前方にUSB 3.0×2とヘッドホン端子、マイクロホン端子、電源ボタンが、本体背面にUSB 2.0×2、USB 3.0×2、USB 3.1 Type-C、LAN、ライン出力、ライン入力、マイクロホン端子、電源コネクタが搭載されている。映像出力端子はグラフィックスカードに依存するが、今回試したモデルの場合はDisplayPort×3、HDMI×1が搭載されていた。頻繁に利用するポートがアクセスしやすい天面にまとめられており、使い勝手は良好だ。

 このほか、通信機能として有線LANのほかに、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n準拠)とBluetooth 5.1も装備している。

本体天面のインターフェイス。USB 3.0×2とヘッドホン端子、マイクロホン端子、電源ボタンが搭載されている

本体背面には、USB 2.0×2、USB 3.0×2、USB 3.1 Type-C、LAN、ライン出力、ライン入力、マイクロホン端子、電源コネクタが搭載されている。グラフィックスカードにはDisplayPort×3、HDMI×1が装備されていた

前へ 1 2 3 次へ