第99回 SORACOM公式ブログ

ソラコム公式ブログ

Raspberry Pi Imagerの使い方 ― v1.7.2以降 対応版

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本記事はソラコムが提供する「SORACOM公式ブログ」に掲載された「Raspberry Pi Imagerの使い方 ― v1.7.2以降 対応版」を再編集したものです。

こんにちは、ソラコムの伊藤(ニックネーム: Masaki)です。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ、通称:ラズパイ)は、センサーと接続できる小型のコンピューターで、IoTの検証やデモなどのよく使われます。そして「Raspberry Pi Imager」は、ラズパイで利用するmicroSDにOSを手軽にインストールできる公式ツールです。

このブログでは2022年6月時点での最新バージョン(v1.7.2)に対応したRaspberry Pi Imagerの使い方について説明していきます。

Raspberry Pi Imagerとは

Raspberry Pi Imagerとは、ラズパイで使うOSのダウンロードとmicroSDの書き込みを一度に行ってくれるソフトウェアです。対応OSはWindows、macOS、そしてGUIタイプのLinuxで利用できます。マウスを操作して3~4クリックで書き込みできるため、非常に手軽にmicroSDの準備ができます。

1. ダウンロード

Raspberry Pi のダウンロードページを開き、Raspberry Pi Imager をダウンロードします。

以下の画面はWindowsで開いた時のダウンロード画面で、Windowsが強調表示されています。お手元のPCのOS に合ったRaspberry Pi Imager を選びましょう。

2. インストール

Windows の場合

ダウンロードした imager.exe を実行し、インストーラーの指示に従ってインストールを完了します。

macOS の場合

ダウンロードした imager.dmg を実行し、 Raspberry Pi Imager を Applications (アプリケーション) フォルダへコピーします。

3. OSをmicroSDカードに書き込む

次に実際にRaspberry Pi Imager を用いて、お手持ちのmicroSDカードにOSを書き込みます。
以下の場所にダウンロードされている”Raspberry Pi Imager”を起動します。

Windows [スタートメニュー]> “Raspberry Pi Imager”
※ “このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?” という表記には[はい]をクリックして進めてください。
macOS [Finder]>[アプリケーション フォルダ]> “Raspberry Pi Imager”
※ “インターネットからダウンロードされたアプリケーションです” には[OK]をクリックして進めてください。2回目以降では表示されません。

[OSを選ぶ]をクリックしダウンロードしたいOSを選択してください。ここでは[Raspberry Pi OS (other)]>[Raspberry Pi OS Lite (64-bit)]を選択します。

OSの選び方については「Raspberry Pi OSの選び方」をご覧ください。また、ラズパイで利用するmicroSDの選び方は「Raspberry Pi 3および4で使うSDカード(microSDカード)の選び方」をご覧ください。

次に[ストレージを選ぶ]をクリックし[Generic MassStorageClass Media]を選択します。
microSDの接続先によっては別の表記となる場合がありますが、容量から判断してください。

次に右下の歯車マークをクリックし各種設定を行います。

macOSでは「Wifiのパスワードをシステムのキーチェーンから読み取って設定しますか?」というダイアログが出てくる場合があります。[Yes]から情報を入力すると、現在使用しているWi-Fiのパスワードが自動で入力されます。

はじめに[ホスト名][SSHを有効化する][ユーザー名とパスワードを設定する][Wi-Fiを設定する][ロケール設定をする]の5項目にチェックをつけます。

その後、以下のように入力してください。

項目 入力内容
ホスト名 初期設定の通り raspberrypi とします。
SSHを有効化する 「パスワード認証を使う」にチェックを入れます。
※公開鍵を持っている場合は、ここで公開鍵認証を選ぶこともできます。事前準備なしに、まず遠隔ログインするならばパスワード認証が手軽ですが、ユーザー名とパスワードは強固なものを利用してください。
ユーザー名とパスワードを設定する [ユーザー名]を pi とします。
[パスワード]はこちらから安全なパスワードを生成し入力します。
※ユーザー名は自由に設定可能です。パスワードは忘れないようにしてください。
Wi-Fiを設定する [SSID]には Raspberry Pi から接続したいWi-FiのSSIDを入力します。
[パスワード]には、SSIDに対応するパスワードを入力してください。
[Wifiを使う国]は「JP」を選択してください。
※SSIDの初期値には、パソコンで接続中のWi-FiのSSIDが表示されています。そのまま利用する場合には変更不要です。
ロケール設定をする [タイムゾーン]に自分のお住まいの場所(日本の場合「Asia/Tokyo」)
[キーボードレイアウト]に「us」が表示されていることを確認してください。

セキュリティの観点からデフォルトユーザーが削除されました。ユーザー名とパスワードは各自で設定してください。強固なパスワードを一括で管理できる1Passwordといったサービスもございます。

Wi-Fiの利用については、当該ネットワーク管理者の了解を取るようにしてください。また、Wi-Fi 接続時に Web ブラウザ等による認証が必要なネットワークは利用できません。

以上の設定が終わったら[保存]をクリックし内容を保存します。

[書き込む]から書き込みを行い、完了したら microSD カードを取り出してください。以上でmicroSDへのOSの書き込みが完了します。あとはmicroSDをラズパイに取り付けて利用してください。

おわりに〜ラズパイ活用のIoTレシピ紹介

ソラコムでは実際にラズパイを用いたIoTシステムを誰でも簡単に実装できるように、いくつかのレシピを提供しています。まずラズパイを使ってみたいという方にオススメです。ぜひご覧ください。

Raspberry Piで、近づくと自動応答する店番ロボット」ではセンサーで人の接近を感知し音声で案内をするロボットを作成します。

Raspberry Piで作る会議リマインダー」では、Googleカレンダーと連携し重要な予定をePaperと音声で通知するシステムを作成します。

― ソラコム伊藤 (Masaki)

投稿 Raspberry Pi Imagerの使い方 ― v1.7.2以降 対応版SORACOM公式ブログ に最初に表示されました。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月