カゴヤ・ジャパン、プライベートクラウドのニーズ増加にともなってデータセンターを増床

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カゴヤ・ジャパンは11月1日より、データセンターを利用したプライベートクラウドのニーズ増加に応えるため、運営するデータセンターを増床し、提供を開始した。

画像:カゴヤ・ジャパン公式サイト

 増床規模は1フロア 526.34平方メートル(200ラック)。データセンターの収容能力を向上させることで、同社提供のクラウドサービス「FLEX」の増強とあわせて、サーバー設置スペースを貸し出すハウジングサービスの利用を希望するユーザーの要望にも応えられるとしている。

 これにより、オンプレミスからクラウドへの移行、既存システムのコストダウンなどの要望に対し、クラウド×ベアメタルサーバー×HCI×ハウジングサービスを組み合わせ、最適なインフラ構成の提案、導入支援を実施していくという。

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
06月
08月
10月
11月
12月
2020年
10月