このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

AH-C830NCW、AH-C630W

音と身近になれる、デノン初の完全ワイヤレス

2021年10月15日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

編集部の新人ヒロムが体験

 ワイヤレスイヤホンというと外出時に音楽を聴く用途をまず思い浮かべる人が多いと思う。しかし、最近では自宅で動画を観たり、ゲームを楽しんだりする用途でもイヤホンは活躍している。

 さらにテレワークが増えている昨今、パソコンを使ったウェブ会議などで長時間着けたままにする人は増えているはずだ。高音質に音楽を聴けるイヤホンが求められているのは変わらない。しかし、装着する時間が伸び、活用の用途が多彩になれば、欲しい機能も変わってくる。1日中装着していても疲れにくく、音楽でも、仕事でも、エンターテインメントでも満足できる機種を探したい。

 そのためには、装着したままで周囲の音が聴ける「周囲音ミックス機能」のできのよさや外音を気にせず集中できる「ノイズキャンセリング」、通話を的確にこなせる「マイク性能」の高さ、1台ではなく複数の機器との接続を切り替えられる「マルチペアリング」なども求められる機能だ。

デノンの完全ワイヤレスにビビっと来たわけ

 しかし、こういった要素をすべて備えた製品を探すのは意外に難しい。機能や品質が高い製品はあるが高価になりすぎては意味がないし、逆に価格ばかりにこだわると肝心の音がイマイチに感じるケースもある。

AH-C830NCW

AH-C630W

 そんな中、これだと思える製品が登場した。

 デノンが発表した「AH-C830NCW」と「AH-C630W」だ。末尾のNCが示すようにAH-C830NCWはアクティブ・ノイズキャンセリング対応。一方AH-C630Wは機能はシンプルにしつつもピュアな音質にこだわったモデルとなる。ともにブランドとしては初の完全ワイヤレスであり、力の入った仕上がりになっている。

 デノンと言えば110年を超す長い伝統を持つ国内オーディオブランドであり、音質についてもお墨付き。しかも嬉しいことにこの両機種、有名ブランドの完全ワイヤレス機としてはかなり安価な実売2万円以下と実売1万円以下の価格帯での投入となっているのだ。どのような音が出るのか気になるし、実際に心に刺さった場合でもお財布に優しいというのであれば、がぜん興味が高まってくる。早速試してみることにした!

 ここで簡単にAH-C830NCWとAH-C630Wの特徴について整理する。編集部的にビビッと来たポイントは以下の5点だ。

製品の特徴

  1. 日本のオーディオの歴史を担ってきたブランドならではの印象的な高音質! つまりずっと聴いていたいイヤホン
  2. スティック型ならではの安定した装着性、マイク性能や接続安定性の高さ
  3. 高いノイズキャンセリング性能と自然な周囲音ミックス機能(AH-C830NCW)
  4. ミニマムながらIPX4の防滴仕様、グーグルの「FastPair」にも対応(AH-C830NCW)
  5. しかも手が届きやすい価格

 なるほど。自分でまとめていて納得してしまった。完全ワイヤレス機は高級=高機能というイメージが強いが、音質の良さをを中心にしつつ、機能は比較的シンプルにまとめているのがAH-C830NCW/AH-C630Wのようだ。ツボを押さえた機能選択によって、高すぎない価格になっている。

 ひとことで言えば「これでいいんじゃない!?」と素直に感じられる製品になっているわけだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン