このページの本文へ

これからPCゲームを始めたい人にオススメ!

FPSやTPSに最適! RTX 3070 Laptop GPU&240Hz液晶パネル搭載の15.6型ノートPC「G-Tune H5」はイチオシの相棒だ!

2021年05月14日 11時00分更新

文● 宮崎真一 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

液晶パネルの視野角・色あいともに良好
メカニカルスイッチ採用のキーボードに注目

 G-Tune H5の外観から順に見ていこう。外観は黒一色に、天板に施されたG-Tuneというロゴが印象的な落ち着いたデザイン。G-Tune H5はゲーミング向けという位置付けながら、このデザインであればオフィス用途でも十分活用できる。

黒一色にG-Tuneのロゴが映えるデザイン。ゲーミング向けながらも落ち着いた雰囲気だ

 冒頭でも述べたとおり、15.6型の液晶パネルはリフレッシュレート240Hzをサポートする。この液晶パネルは光沢のないノングレアタイプで、駆動方式は公開されていないものの、横から覗き込んでも色ムラは確認できず、視野角はかなり広いようだ。また、解像度は1920×1080ドットをサポートしている。

 試用時にゲームをプレイしてみたところ、手持ちの60Hz対応液晶でのゲームプレイ時と比べ、よりなめらかな表示で楽しめた。フレームレートを重視するタイトルにおいて、240Hzは強い武器になるのではないかと感じた。

15.6型の液晶パネル(1920×1080ドット)はリフレッシュレート240Hzに対応

 eスポーツ大会でも使われているという、メカニカルキーボードを採用している。こちらはテンキーが用意された日本語配列の99キータイプのもので、キーピッチは約18.8mmで、キーストロークは2.0mm。

 特筆すべきは、メカニカルスイッチを採用している点で、キーを押下した際の感触はかなり心地よく、打鍵感も良好だ。また、全キー同時押しに対応している点は、ゲーミング用途で非常にありがたく、LEDのバックライトが用意されている点も評価に値する。なお、これらのLEDは、Control Centerから色や発光具合を変更することが可能だ。

メカニカルスイッチを採用したキーボード。打鍵はかなり良好。もちろん、内部の熱でキーが熱くなるということもなかった

WindowsキーのロックはControl Centerの基本設定から行なう

Control Centerでは、キーボードのバックライトLEDの制御も可能だ

バックライトLEDを青色に設定した様子

 インターフェースを確認すると、左側面にはUSB 3.1 Type-Aが1つと、ヘッドフォン出力端子およびマイク入力端子を装備。一方の右側面は、SDカードリーダーとUSB 3.0 Type-Aを2つ搭載。さらに、背面にはHDMIと画面出力を兼ねたUSB 3.1 Type-Cが用意されており、コンパクトなサイズながらもインターフェースは豊富だ。

本体前面の様子。タッチパッドのちょうど下に位置する辺りにはLEDが埋め込まれており、ライン状に点灯するようになっている

背面には電源端子のほか、映像出力機能を有したUSB 3.1 Type-CとHDMI、有線LAN端子を搭載

左側面はUSB 3.1 Type-Aとオーディオ入出力端子といった、かなりシンプルな構成

一方の右側面にはSDカードリーダーのほか、USB 3.0 Type-Aが2つ並んでいる

カテゴリートップへ