GIGABYTE「B560 HD3」

4系統の映像出力を備える手頃なIntel B560チップセット搭載マザーが登場

文●山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEからIntel B560チップセット搭載のマザーボード「B560 HD3」が発売された。価格は1万4960円。パソコンショップアーク、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

Intel B560チップセット搭載のマザーボード「B560 HD3」。価格も手ごろな第11世代Intel Core対応モデルだ

 「ULTRA DURABLE」シリーズから登場したエントリー向けのB560チップセット搭載マザーボード。ATXフォームファクターの製品で、Direct 6+2デジタル電源フェーズ設計を採用する。

グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4、HDMI 2.0b、SingleLink-DVI-D、D-SUBの4系統(最大3画面出力対応)を備える

 基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(4.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(3.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-3600、最大128GB)。

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8118)、サウンド(Realtek ALC897 8CH HD Audio)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.0×6、USB 2.0×8などを装備。グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.4、HDMI 2.0b、SingleLink-DVI-D、D-SUBの4系統(最大3画面出力対応)を備える。

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月