このページの本文へ

親なら知っておきたい人気スマホアプリの裏側と安全設定 第109回

6割以上がコメントを口コミとして利用

3人に1人がTikTokきっかけで買い物をしている

2021年03月30日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

TikTok発の人気商品が続々登場!

 TwitterやInstagram、YouTubeをきっかけに、商品やサービスなどを購入した経験がある人は多いだろう。では、TikTokは購買行動に影響を与えるのだろうか。10~50代を対象としたTORIHADAの「TikTokをきっかけとする商品/サービスの購買行動調査」(2021年3月)を見ていこう。

 「TikTokの投稿がきっかけで、実際に商品/サービスの購入や申し込みをしたことがあるか」という質問に対して、34.01%と3割以上の人が「はい」と回答。年代別に見ると、10代は33%、20代は35%、30代は43%、40代は35%など、40代以下のユーザーでは3分の1強がTikTokをきっかけに購入や申し込みの経験がある。

 コロナ禍でネットの利用時間が増え、TikTok発の流行がたくさん生まれたことは記憶に新しい。それに伴って、購買行動にもつながったというわけだ。なお、TikTokきっかけの商品/サービスの購入や申し込みは、半数以上がWeb経由だ。

TikTokが次の流行を生み出す存在に!?

おすすめフィードのレコメンド効果は高い

 購入や申し込みをした商品/サービスのカテゴリは、上位から「アプリ/ゲーム」34.38%、「食料品」33.52%、「スキンケア用品(プチプラ)」32.1%、「メイク用品(プチプラ)」31.25%、「日用品」30.68%、「生活雑貨」30.11%、「アパレル」26.14%などとなった。日常的な商品・サービスが購入されやすいことがよくわかる(プチプラ=プチプライス。安価であることを指す)。

 また、商品/サービスの購入や申し込みをする際に参考にするTikTokの機能は、1位が「おすすめフィード」(71.59%)に。「ハッシュタグ」(46.88%)、「フォロー中フィード」(42.61%)、「検索」(28.69%)などを抑えて最多となった。おすすめフィードはAIによってユーザーが興味・関心を持ちそうな動画が表示されるため、反応率が良くなっているのだ。

 「Instagramでおすすめに表示される投稿はいつも参考にしている。欲しいものが表示されるから。TikTokもおすすめを見ると好きなものばかり見られて便利」とある女子大生が言っていたが、TikTokだけでなく、ユーザーの興味関心に合わせた投稿が表示される場は、多くのユーザーを惹きつけているようだ。

 なお、83.5%のユーザーが動画内容を、66.5%のユーザーがコメント内容を重視しており、口コミのように利用していることがわかる。

 多くのSNS投稿はユーザーの関心を強く惹きつけている。特におすすめ機能は、ユーザーの心に深く刺さっており、購買行動にも結びついているようだ。皆さんもそのような目でSNSのおすすめフィードを見直すと、新たな発見があるかもしれない。

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子
 ITジャーナリスト。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

カテゴリートップへ

この連載の記事
マカフィーは大切なものを守ります。