このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

1月6日までの年末年始セールで割引している製品も!?

3万円台から注目のAMD Ryzenを搭載したマウスコンピューターのコスパの高いオススメなPCを複数ご紹介!

2021年01月04日 15時00分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PCではオンラインショッピングや動画視聴
割り切った使い方ならOKな3万円台の最安PC

 AMD製APUを搭載したマウスコンピューターの最安PCは直販価格が税別3万9800円の「mouse SL2」。本機は幅100mmとデスクトップPCとしては、比較的省スペース。APUは2年前に発売されたローエンドの「Athlon 200GE」を採用。既報で分かるように、同じ2コア/4スレッドのIntel「Pentium Gold G5500」にGPU性能ではやや勝るといった性能。

「mouse SL2」の主なスペック
CPU AMD「Athlon 200GE」
(2コア/4スレッド、3.2GHz)
内蔵GPU AMD「Radeon Vega 3 Graphics」(3コア、1000MHz)
チップセット AMD「B450」(マイクロATX)
メモリー 4GB(DDR4-2666)
ストレージ 128GB SSD(M.2 SATA3)
インターフェース HDMI出力、DVI-D出力、D-Sub 15ピン、USB 3.1 Type-A×2、USB 3.0 Type-A×6、ギガビットLAN他
サイズ/重量 100(W)×393(D)×367(H)mm(突起物含む)/約 5.9kg
OS Microsoft「Windows 10 Home」(64ビット)

 Athlon 200GEは、APUとしては2世代前のBristol Ridge世代でZen+VegaベースのAPU。最新のAPUは、シングルスレッド性能がライバルIntelに勝ったが、ローエンド帯はシングルスレッドで劣るため、CPU性能としてはやや物足りない。しかしながら、フルHDとは言わないがHD画質(1280×720ドット)であれば、PCゲームが遊べないこともない性能を有し、価格を抑えたローエンドCPU搭載PCとしては、動画視聴などは快適。

 無線LANを搭載しないため、有線LAN接続になるなど、制限はあるがとにかく価格を抑えて、PCはオンラインショッピングやウェブ動画の視聴、たまにちょっとした画像編集くらいといった、家庭でライトに使うなら数年前以上の中古PCを買うよりもイイという構成。

 前述した「mouse CT6」よりも性能で劣り、小型ではないが税別4万円切りという圧倒的な安さと、机上でもあまり邪魔にならないサイズが特徴の製品だ。

コスパが高く市場を伸ばしているRyzen搭載PC
2021年もマウスコンピューターからも続々登場!?

 マウスコンピューターは、今回紹介した製品以外もRyzenおよびRadeonを搭載するPCを多数販売している。今回紹介した製品の一部は2020年12月23日~2021年1月6日までの期間限定で最大7万円オフの年末年始セール対象商品もあり注目だ。

 また、同社担当によると、今年2021年も採用製品を多数販売する予定とのこと。AMDは2020年11月にシングルスレッド性能がより向上した最新の第4世代Ryzen 5000シリーズを、12月にはコストパフォーマンスの高いRadeon 6000シリーズを市場に投入している。しかしながら、コロナの影響もあるのか、製品出荷数が少なく搭載PCはこれからといった状況。

 早めにコスパの高いPCが欲しいという人は、セール品などを狙って用途に合わせて現行のマウスコンピューターのPCの購入を検討し、急がないという人は今後発売されるAMD最新CPU&Radeonを搭載する、同社のPCの購入を検討してみてはどうだろうか。

(提供:マウスコンピューター)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ