このページの本文へ

アップル、小規模事業者のApp Store手数料を15%に削減

2020年11月18日 21時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは11月18日、小規模事業者やインディーズデベロッパー向けプログラム「App Store Small Business Program」を発表した。実施は2021年1月1日からの予定。

 App Store Small Business Programは、有料アプリケーションおよびApp内課金に対する手数料率を引き下げることで、イノベーションの加速と小規模事業者やインディーズデベロッパーのビジネスの前進をApp Storeを通じて手助けするためとうたう。

 本プログラムの全容と詳細は12月初旬にあらためて発表する予定だが、対象となるデベロッパーは前年の収益が100万ドル以内であれば、手数料が15%に引き下げられる。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中