このページの本文へ

Core i7-10750H/GeForce GTX 1660 Tiを搭載

マウス、ゲームはもちろん編集作業にも適する15.6型ゲーミングノートPC「G-Tune E5」

2020年07月29日 12時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは7月29日、ゲーミングパソコンブランド「G-Tune」から、Core i7-10750HとGeForce GTX 1660 Tiを搭載する15.6型ゲーミングノートパソコン「G-Tune E5」を発売すると発表した。価格は16万4780円。

 6コア/12スレッドで駆動するCore i7-10750HとGeForce GTX 1660 Ti(6GB)の組み合わせにより、最新ゲームからVR、ベストプレーを動画サイトに上げるなどの編集作業まで幅広く対応可能だというゲーミングPC。

 ディスプレーの解像度はフルHD(1920×1080ドット)で、ノングレア仕様のIPSパネルを搭載。また、従来製品から引き続き、パネルの上左右3辺のベゼル幅を狭めたナローベゼルを採用した。

 キーボードはテンキー付きで、イルミネーション設定が可能なRGBバックライトを装備する。キーピッチは19mmで、動画のテロップ編集やチャット、ブラウジングなど、ゲーム以外のシーンでも快適なタイピングが可能とうたう。

 そのほか、パソコン本体の負荷に合わせて、自動的に外部グラフィックスからCPU内蔵グラフィックスに切り替えるMS-HYBRID機能を搭載。これにより、約9.5時間の駆動時間を実現した。

 主なスペックは、メモリーが8GB、ストレージが512GB SSD(NVMe)。インターフェースとしてHDMI、ミニDisplayPort、USB Type-C(DP Altモード)を備え、最大3画面の外部出力が可能。HDMIは2.0対応のため4Kテレビのような高解像度ディスプレーや、VR HMDのような機器にも出力可能だ。くわえて、USB 2.0×1、USB 3.0×1、USB Type-A(USB 3.1)×1なども装備するほか、Wi-Fi 6にも対応する。

 本体サイズ(折りたたみ時、突起部含まず)/重さは、およそ幅364.5×奥行き258×高さ28.7mm/およそ2.16kg。

カテゴリートップへ