このページの本文へ

CPUにCore i7-10750H、ビデオメモリーはGDDR6へ強化

マウス、15.6型ゲーミングノートPC「G-Tune P5」シリーズをリニューアル

2020年07月16日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは7月16日、ゲーミングパソコンブランド「G-Tune」から、15.6型エントリーゲーミングノートパソコン「G-Tune P5」シリーズをリニューアルした新モデルを発売すると発表した。同日から、ウェブサイト、電話通販窓口、各ダイレクトショップ、法人営業窓口にて販売を開始する。

 新モデルは、CPUに6コア/12スレッドで動作するCore i7-10750Hを搭載。従来モデルと比較してCPU演算処理性能が約7.8%向上したという。また、グラフィックスであるGeForce GTX 1650のビデオメモリーをGDDR5からGDDR6へ強化することで、3Dグラフィックス性能も約6.2%アップしたとのこと。

 筐体は、ナローベゼルデザインやリチウムポリマーバッテリーを採用する新デザインシャーシを採用。本体サイズ(折りたたみ時/突起部含まず)はおよそ幅359.5×奥行き238×高さ22.8mm、重さはおよそ2.02kgで、持ち運びや設置のしやすさも向上した。

 バッテリー動作時間は約10時間。1000BASE-T対応のギガビット有線LANを備えるほか、無線LANはWi-Fi 6に対応し、あらゆる場所でゲームプレーを楽しめるモデルだとうたう。

 標準モデルのスペックは、CPUがCore i7-10750H、グラフィックスがGeForce GTX 1650、メモリーが8GB、ストレージが256GB NVMe SSD。インターフェースは、HDMI×1、ミニDisplayPort×1、USB Type-C(USB 3.1)×1、USB Type-A(USB 3.0)×2、USB Type-A(USB 2.0)×1などを装備する。価格は13万1780円。

カテゴリートップへ