このページの本文へ

マウス、フォントワークス監修のオリジナルフォントパックを発売

2020年07月28日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは7月28日、フォントワークスが監修したマウスコンピューターオリジナルのフォントパックを発売する。「mouse」「G-Tune」「DAIV」の対象製品でBTOを追加して購入すると、購入パソコンに同梱されたクーポンコードで申し込み後、フォントパックを利用できる。価格は1078円から。

 mouseは、可読性・視認性に優れたUD(ユニバーサルデザイン)フォントを中心としたパック構成で、企画書やプレゼン資料など、見やすさが求められるビジネス文書を作成する人に最適という。価格は全10書体で1078円(1年間/1ライセンス/1PC)。種類はUD角ゴ_ラージ Mなど。

 G-Tuneは、可読性に優れたテロップ向けの書体と、強いインパクトを与えるデザイン書体を中心としたパック構成。サムネイルやテロップで、ゲーム動画の魅力に差をつけたい人に最適とのこと。価格は全20書体で3278円(1年間/1ライセンス/1PC)。種類はラグランパンチなど。

 DAIVは、筑紫書体を中心に、あらゆる制作での創造力が広がるとうたうオールマイティーなパック構成。マンガやイラストなど、さまざまな創作活動をする人に最適としている。価格は全20書体で3278円(1年間/1ライセンス/1PC)。種類は筑紫ゴシック Rなど。

カテゴリートップへ