このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

テレワークは「情報セキュリティ」のどこに気をつけるべきか

2020年05月08日 09時00分更新

文● せきゅラボ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新しい働き方、新しいセキュリティ

 新型コロナウイルスの国内感染の拡大を受けて、社員がテレワーク(在宅勤務)を実施する企業が増えている。また、クラウドサービスの利用、オンライン会議ツールの導入など、さまざまなところで働き方が変わっているはずだ。

 一方で、適切なセキュリティ対策を講じることは、ますます重要になっている。たとえば、テレワークでは、感染の可能性のある個人のPCから企業ネットワークにアクセスすると、サイバー犯罪者にとっては企業の内部情報にアクセスする踏み台になりえる。

 セキュリティを考慮しないと、組織や従業員を、マルウェア攻撃、個人情報の盗難、ランサムウェアなどのセキュリティリスクにさらす可能性があることは理解しておきたい。

 一般的に、企業は、組織内でサイバーセキュリティやプライバシー保護などに関するガイダンスを採用しているものだろう。しかし、在宅勤務などを含めた、新しい働き方の導入に際しては、それらのポリシーがどのように摘要するかを確認する必要がある。

 業務にあたっては、どのようなデバイスが使用可能なのか、どのようなクラウドサービスを利用するかどうかは、重要な問題になる。曖昧にしたり、個人任せにしたりするのではなく、各人がしっかり情報セキュリティを見直し、確認し合うことが肝心だ。

 では、そのような新しい情報セキュリティをチェックするにあたり、どこに気をつけるべきだろうか?

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィーは大切なものを守ります。


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる