このページの本文へ

週替わりギークス ― 第170回

バーチャルYouTuberは「中の人」の魅力が出るから人気がある-倶楽部情報局

2020年04月28日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「バーチャルYouTuberは『中の人』の魅力が出るから人気がある」を紹介します。


DJ RIOこと荒木英士さん(左)と筆者(右)がバーチャル空間に登壇している様子

 前回の記事では、グリーの取締役 上級執行役員で、Wright Flyer Live Entertainment 代表取締役社長の荒木英士さんをお招きし、1月8日に開催した「クリエイティブ・ディストラクション・サロン produced by 佐久間洋司」の第5回目をレポートしました。引き続き、今回は同サロンのパネルディスカッションと、そこから発展して大阪・関西万博のアイデアの続報をご紹介します。

 そもそも、筆者がバーチャルYouTuber(VTuber)に興味をもったのは、友人がVTuberのキャストとして活躍しているのを知ったのがきっかけでした。面白さや機材などに興味を持ったのはもちろん、彼女がVTuberとして活動する上で直面するさまざまな心情が、アバター時代を先駆けた心理的課題と感じたこともあり、この分野に足を踏み入れました。

 こうしてさまざまな研究を続けるなかで、長年気になっていたことがあります。キャストの皆さまが自分自身の普段の姿ではなく、演じているキャラクターに見かけや振る舞いが寄ってしまうことがあるのではないか、ということです。パネルディスカッションの際、この疑問を荒木さんにぶつけてみました。

 もちろん、人によって程度は違うものの、人気があるVTuberであればあるほど自己との同一化が進むのではないか、と荒木さんは主張されていました。性格や物語性などが作り込まれたアニメキャラクターでもないのに、人気が出るのは本人の個性や人格が出るからこそではないかというのです。


 続きは「バーチャルYouTuberは『中の人』の魅力が出るから人気がある」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1294(2020年8月4日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1293(2020年7月28日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2020August

  • 週刊アスキー No.1292(2020年7月21日発行)

  • 週刊アスキー No.1291(2020年7月14日発行)

  • 週刊アスキー No.1290(2020年7月7日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事