このページの本文へ

マカフィー、パートナーの市場競争力強化を支援

2020年03月26日 16時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米マカフィーは2月24日、パートナープログラムを大幅に強化したと発表。「McAfee Security Innovation Alliance(SIA)」と「McAfee CASB Connectプログラム」に新しい8つのパートナーシップと7つの認証を加えることで、企業はクラウド上の人、デバイス、データの安全を担保する競争優位性を得られるとしている。

 McAfee SIAは、オープンで相互運用可能なセキュリティー製品の開発を加速し、複雑な顧客環境での統合を簡素化するという。相互接続した統合型セキュリティーエコシステムを整備し、既存顧客のセキュリティーに関する投資対効果を最大化するとのこと。

 McAfee CASB Connectプログラムは、あらゆるクラウドサービスプロバイダーまたは、パートナーがMcAfee MVISION CloudによるSaaSアプリケーション上でのセキュリティー対策を迅速に実装できる、業界初とうたうセルフサービスフレームワーク。McAfee MVISION Cloudの保護下にあるクラウドサービスのデータへの保護機能を強化する。

 マカフィーの戦略・アライアンス部門のエンタープライズ製品グローバルヘッドを務めるジェイブド・ハサン氏は「すべてのクラウドサービスプロバイダーがMVISION Cloudとの統合に必要なAPIを持っているわけではありません。そのような場合でも、CASB Connectフレームワークをそのまま使用して、最もクリティカルなユースケースをサポートするマカフィーのCASBプラットフォームにSaaSアプリケーションを迅速に実装可能です。この新機能のユニークな利点により、ユーザーは企業ネットワーク内外の管理または非管理のデバイスに機密データがダウンロードされることを防ぐセキュリティポリシーを徹底できます」と語っている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィーは大切なものを守ります。


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる