このページの本文へ

物理機材相当の機能を持ち、必要なときにはコントロールパネルからすぐに利用開始

さくらのクラウド、高性能ファイアウォール仮想アプライアンス「Juniper vSRX」を提供開始

2019年11月14日 17時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サービス概念図

 さくらインターネットは11月14日、日商エレクトロニクスとの協業により、さくらのクラウドにて「Juniper vSRX」の提供を発表した。11月21日に提供を開始する。

 Juniper vSRXはジュニパーネットワークスの高性能ファイアウォール仮想アプライアンスで、日商エレクトロニクスが代理店となっている。物理機材相当の機能を持ち、基本的なファイアウォール機能や低価格で閉域網を実現するVPN機能などに加えて、アプリケーションの可視化や帯域制御などが可能なAppSecure機能、サーバーやネットワークへの不正アクセスを検知するIPS機能、ジュニパーネットワークスのスイッチ製品と同じJUNOSを搭載した高度なルーティング機能などにも対応。

 サーバーを新規作成する際の元として利用できるパブリックアーカイブ(初期設定済みのOSイメージ)として提供するため、必要なときにはさくらのクラウドのコントロールパネルからすぐに利用開始できる。必要な帯域と機能に応じて、9種類の料金プランが用意される。

月額料金

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!