このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

MacBook Proとの組み合わせで活用、実際に使って感じた作業効率をアップの秘訣

ベンキューのPD3220Uは「動画編集するぞ!とやる気になるモニター」、映像ディレクターに聞く

2019年11月29日 11時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BenQの最新デザイナー向け4Kディスプレー「PD3220U」は、31.5インチという大画面で、クリエイターの作業効率を最優先に考えられた製品だ。そこで今回は、実際にクリエイターの方にこのディスプレーを使って作業してもらい、その使い勝手のよさを体感してもらった。なお、「PD3220U」の詳細な機能については前回の記事を参考にしてほしい。

  • 4K UHD HDR対応
  • 正確な色再現を可能にするAQCOLOR技術の採用
  • Thunderbolt 3対応のUSB Type-C端子の搭載
  • DCI-P3/Display P3対応
  • Pantone/CALMAN認証取得

といった特徴を持つ。

大画面だとこんなにもストレスが軽減されるのか

株式会社GKセールス 映像事業部 兼 アニメ事業部 クリエイティブディレクター 黒山晃司さん

 今回体験していただいたのは、株式会社GKセールスでアニメやゲームなどのディレクションやプロデュースをしている黒山晃司さん。以前は、地上波・CS放送などのテレビの仕事にも携わっていたという。現在は会社を移籍して、よく一緒に仕事してきた仲間たちと現場を回しているそうだ。

――ディレクターのお仕事はどういった作業が中心なんでしょう。

 一般的には、制作物を完成させるために指示し、現場を仕切って動かすのが役割だと思います。ですが今の時代、ディレクターだからといって、指示を出すだけだったり現場をまとめるだけではダメで、技術的な知識と技量を持って、カメラワークやテロップ作成、映像編集はもちろんのこと、紙面をデザインしたり、写真の加工やイラストの作業など、パソコンでやる作業としてはデザイン系すべて一人でやっています。一緒にやっているメンバーも、個人でやられている方や中小企業のデザイナー、ディレクターが多いので、みんな何でもできますね。世の中的にも何でもやる方向へ変わってきていると思います。

――普段作業で使っているパソコンは?

 家でも外でも同じ環境でできるようにということで、MacBook Pro(2015)を使うことが多いです。オフィスでもこのマシンを使っているのですが、いまデスクトップマシンの導入を検討していたので、今回このBenQのデザイナー向け4Kディスプレー「PD3220U」をお借りできたのはちょうどよいタイミングでした。

 私みたいにアクティブにフットワーク軽く仕事をする人にとって、デスクトップマシンを持つことは少し躊躇してしまうんです。現場で使うマシンとオフィスで使うマシンと2台持ちになる上、それなりのスペックを選ぶため、値段的にも高額になってしまうからです。ですので、アクティブな人にとってはMacBook Proをメインマシンに据えている人が、おそらく多くいると思うので、オフィスでは大型ディスプレーを接続して作業する機会が多いと思います。

――「PD3220U」ならUSB-Cに対応しているマシンならケーブル1本接続するだけで利用できます。

 私のMacBook Proは対応していないので、対応しているマシンを借りて試してみました。無駄なケーブルがテーブルの上に這わないというのは、これほどいいのかと思いましたね。充電もされますし、この環境を使ってしまうと、やはり対応マシンが欲しくなりますよね。

↑USB-Cケーブル1本接続するだけで、映像出力と充電が可能に

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン