このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第113回

Azure FunctionsのPythonサポート、Linux従量課金プランがGAに

Azure App ServiceのLinux Premium v2プランを値下げ

2019年09月30日 10時00分更新

文● 佐藤直生 編集● 大塚/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Azure Blockchain Service:Azure Blockchain Development Kit for Ethereum

 Azure Blockchain Serviceは、コンソーシアムブロックチェーンの作成、管理、ガバナンスを簡素化する、フルマネージドのブロックチェーンサービスです。Azure Blockchain Serviceは、現在プレビュー中です。

 Visual Studio Code拡張機能「Azure Blockchain Development Kit for Ethereum」で、Truffleデバッガーが統合されました。

Azure SQL Database:Azure SQLエクスペリエンス、Managed Instanceのグローバルトレースフラグ、Azure Data Studio

 Azure SQL Databaseは、SQL Serverベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 Azure SQL Database、Azure Virtual Machines上のSQL Serverの統合管理エクスペリエンス「Azure SQL」が、利用可能になりました。

Azure SQL

 Azure SQL Databaseの一機能であるAzure SQL Database Managed Instanceは、オンプレミスのSQL Serverとの100%に近い互換性を持つデータベースサービスです。

 Azure SQL Databaseで、2018年3月にプレビューになっていた「データの検出と分類」が、GAになりました。

 Azure SQL Database Managed Instanceで、グローバルトレースフラグが利用可能になりました。

Azure SQL Databaseの「データの検出と分類」

 Azure Data Studioは、SQL Server、Azure SQL Database、Azure SQL Data Warehouseでのモダンなデータベース開発、運用のための、Windows、macOS、Linuxで動作する軽量なツールです。

 7月リリースに続いて、Azure Data Studioの8月リリースが利用可能になりました。このリリースでは、SandDance統合によるデータ視覚化などの新機能があります。

Azure Data StudioのSandDance統合によるデータ視覚化

Azure Database for MariaDB:読み取りレプリカ

 Azure Database for MariaDBは、MariaDBベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 Azure Database for MariaDBで、6月にプレビューになっていた同一リージョン内での読み取りレプリカが、GAになりました。

IoT Plug and Play:プレビュー

 5月のBuild 2019カンファレンスの前週に発表されていた、IoTデバイスをクラウドにシームレスに接続するための「IoT Plug and Play」が、プレビューになりました。

IoT Plug and Playに対応したIoTデバイス

 それでは、また来週。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事