このページの本文へ

さとうなおきの「週刊アジュール」 第113回

Azure FunctionsのPythonサポート、Linux従量課金プランがGAに

Azure App ServiceのLinux Premium v2プランを値下げ

2019年09月30日 10時00分更新

文● 佐藤直生 編集● 大塚/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Azure App Service:Linux Premium v2プラン値下げ、マネージドID

 Azure App Serviceは、ウェブアプリ、ウェブAPI、モバイルバックエンドをホストするためサービスです。

 LinuxベースのAzure App ServiceのPremium v2プランの価格が、平均で35%値下げされました。Standardプランをお使いの場合は、Premium v2プランへの移行をお勧めします。

LinuxベースのAzure App ServiceのStandard/Premium v2プラン

 マネージドIDには、システム割り当てマネージドID、ユーザー割り当てマネージドIDがあります。

 WindowsベースのAzure App Service、Azure Functionsでのシステム割り当てマネージドIDのサポートは、GAになっていました。そして、2018年11月に、WindowsベースのAzure App Service、Azure Functionsでのユーザー割り当てマネージドIDのサポート、LinuxベースのAzure App Service、Azure Functionsでのシステム/ユーザー割り当てマネージドIDのサポートが、パブリックプレビューになっていました

 今回、これらの機能がGAになりました。これによって、Windows、Linuxの両方で、システム/ユーザー割り当てマネージドIDの両方がGAになったことになります。

Azure App Serviceでのシステム割り当てマネージドIDの構成

Azure Functions:Pythonサポート、Linux従量課金プラン

 Azure Functionsは、サーバーレスアーキテクチャのFaaS(関数サービス)です。

 2018年9月のIgnite 2018カンファレンスでプレビューになっていたLinuxベースのAzure FunctionsのPythonサポートが、GAになりました。Python 3.6がサポートされています。

 2018年9月のIgnite 2018カンファレンスでプレビューになっていたLinuxベースのAzure Functionsの従量課金プランが、GAになりました。

 Azure App Serviceのセクションで紹介した通り、WindowsベースのAzure Functionsでのユーザー割り当てマネージドIDのサポート、LinuxベースのAzure Functionsでのシステム/ユーザー割り当てマネージドIDのサポートが、GAになりました。

Visual Studio Codeでの、Azure Functions向けのPython関数の開発

Azure Kubernetes Service (AKS):エグレスロックダウン

 Azure Kubernetes Service (AKS)は、マネージドKubernetesサービスです。

 Azure Kubernetes Service (AKS)で、エグレスロックダウンがGAになりました。エグレスロックダウンは、AKSクラスターからの送信トラフィックで送信可能なポートやアドレスを制限する機能です。

Azure DevOps:スプリント156、Slack向けのAzure Reposアプリ

 Azure DevOpsは、Azure Pipelines(CI/CDパイプライン)、Azure Boards(作業追跡ツール)、Azure Artifacts(パッケージ生成/共有)、Azure Repos(プライベートGitリポジトリ)、Azure Test Plans(テストソリューション)で構成される、開発チーム向けのサービスです。

 7月にリリースされていたスプリント155に続いて、Azure DevOpsのスプリント156のアップデートがリリースされました。

 スプリント156では、Azure Boardsでのシステムピックリストの値のカスタマイズなどの新機能があります。

 Slack向けのAzure Reposアプリが利用可能になりました。

Slack向けのAzure Reposアプリ

カテゴリートップへ

この連載の記事