このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第112回

Azure Databricks、Azure App Serviceで予約による購入が可能に

Azure Managed Disksの高I/Oワークロード向け「Ultra Disk」GA

2019年09月25日 10時00分更新

文● 佐藤直生 編集● 大塚/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、2019年8月11日~2019年8月17日の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Azure Storage:Ultra Disk

 ストレージサービス「Azure Storage」の一機能「Azure Managed Disks」(マネージドディスク、管理ディスク)は、IaaSの仮想マシン(VM)機能を提供するAzure Virtual Machines向けのVM向けの永続ディスクストレージを提供します。

 Azure Managed Disksで、2018年9月のIgnite 2018カンファレンスでプレビューになっていた「Ultra SSD」が、「Ultra Disk」に改名され、GA(一般提供)になりました。

 Ultra Diskは、既存のStandard HDD、Standard SSD、Premium SSDの上位にあたり、最大で64 TiBの容量、160,000 IOPS、2 GB/sのスループットをサポートします。データベースなどのIO要求の高いワークロードを、Azure Virtual Machinesで動作させやすくなりますね。

 Ultra Diskは、現時点では、DSv3、ESv3シリーズのVMをサポートし、米国東部2、北ヨーロッパ、東南アジアリージョンで利用可能です

Ultra Disk、Premium SSDのアーキテクチャ比較

Azure Backup:最大30TBのディスクのバックアップ

 Azure Backupは、バックアップ/復元サービスです。

 2018年3月に、Azure Backupがバックアップ可能なディスク容量の最大値が、1TBから4TBに拡張されていました

 今回、最大30TBのディスクのバックアップが、限定パブリックプレビューになりました。

Azure Reservations:Azure Databricks、Azure App Service Isolated、自動更新など

 Azure Reservationsは、一定期間(1年か3年)にわたって特定のAzureリソースの利用をコミットすることで、コストを削減できる購入方法です。

 今回、Azure Reservationsで、次の新機能がサポートされました。

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Databricks事前購入プラン

Service Tag Discovery API

 Azureでは、これまで、毎週更新されるAzureリージョン別のIPアドレス範囲のXMLファイル、Azureリージョン/サービス別のIPアドレス範囲のJSONファイルを提供していました。

 今回、Service Tag Discovery APIが、パブリックプレビューになりました。

 REST、Azure PowerShell、Azure CLIでService Tag Discovery APIを使うことで、JSONファイルのダウンロードを解析を行うことなしに、Azureリージョン/サービス別のIPアドレス範囲を取得できるようになりました。

 Azureリージョン別のIPアドレス範囲のXMLファイルの公開は、2020年6月30日に終了される予定です。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事