このページの本文へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第59回

「Ignite 2018」アップデート ~インフラ編~

VMディスクの最上位オプション「Ultra SSD」登場、AzureのNWが大幅機能強化

2018年10月05日 13時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Azure Virtual Machines:Ultra SSD、ディスクの容量/IO性能向上、Standard SSD GA

 IaaSの仮想マシン(VM)機能を提供するAzure Virtual MachinesAzure Managed Disks(マネージドディスク、管理ディスク)は、VM向けの永続ディスクストレージを提供します。

 詳細は、次のページをご覧ください。

 Azure Managed Disksで、既存のPremium SSDより高い容量、IO性能を提供する「Ultra SSD」が発表され、プレビューが始まりました。

 Ultra SSDは、最大容量64TiB、最大IOPS 160000をサポートします。データベースなど、IO要求の高いワークロードを、ますますAzure Virtual Machinesで動作させやすくなりますね。

 Azure Managed Disksの既存のPremium SSD、Standard SSD、Standard HDDで、ストレージ容量、IO性能を向上した新しいSKUがパブリックプレビューになりました。最大容量は、4TiBから32TiBに向上し、最大IOPSは、Premium SSDでは7500から20000に向上します。

 詳細は、次のページをご覧ください。

 Azure Managed DisksのStandard SSDは、6月にパブリックプレビューになっていました。今回、Standard SSDがGAになりました。

 詳細は、次のページをご覧ください。

 マネージドディスクとVMを、別のリソースグループや別のAzureサブスクリプションに移動できるようになりました。

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Virtual Machines:NVv2/NDv2/HB/HCシリーズ、共有イメージギャラリー、VMイメージビルダー

 Azure Virtual Machinesで、NVv2シリーズが発表され、パブリックプレビューが始まりました。

 既存のNVシリーズの後継となるNVv2シリーズは、NVIDIA Tesla M60 GPUを搭載し、視覚化、グラフィックスに最適です。NVv2シリーズは、NVシリーズの2倍となる最大448GiBのメモリ、Intel Broadwell世代のCPUを搭載し、Premium SSDをサポートします。

 Azure Virtual Machinesで、NDv2シリーズが発表されました。2018年内にパブリックプレビューが始まる予定です。

 既存のNDシリーズの後継となるNDv2シリーズは、NVIDIA Tesla V100 GPUを搭載し、深層学習に最適です。NDv2シリーズは、最大672GiBのメモリ、Intel Skylake世代のCPUを搭載します。

 詳細は、次のページをご覧ください。

 Azure Virtual MachinesのHPC向けのHシリーズで、メモリ帯域幅に最適化された「HBシリーズ」、計算処理に最適化された「HCシリーズ」が発表されました。2018年内に利用可能になる予定です。

 詳細は、次のページをご覧ください。

 VMイメージの共有のための「Shared Image Gallery」(共有イメージギャラリー)は、5月のBuild 2018カンファレンスで発表され、限定プレビューになっていました。今回、Shared Image Galleryがパブリックプレビューになりました。

 詳細は、次のページをご覧ください。

 「Azure Virtual Machine Image Builder」(VMイメージビルダー)が発表され、プライベートプレビューが始まりました。

 HashiCorp Packer上に構築されているAzure Virtual Machine Image Builderでは、ベースのとなるLinux VMイメージに独自のカスタマイズを加えて、イメージをビルドし、Shared Image Galleryに、またはAzure Managed Imageとして格納できます。

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Confidential Computing:DCシリーズVM

 「Azure Confidential Computing」は、TEE(信頼できる実行環境)を利用して使用中のデータを保護できる、新しいデータセキュリティ機能です。5月のBuild 2018カンファレンスで、Azure Confidential Computingのプライベートプレビューが始まっていました

 今後数週間以内に、Azure Virtual Machinesの新しい「DCシリーズ」のプレビューが始まることが発表されました。DCシリーズは、Intel SGXを備えた最新世代のIntel Xeonプロセッサを提供します。DCシリーズのVMを使って、SGXベースのアプリケーションを実行できるようになります。

 詳細は、次のページをご覧ください。

Azure Virtual Machine Scale Sets:自動OSイメージアップグレード

 Azure Virtual Machine Scale Sets(VMSS)は、多数の同じ構成のVMをデプロイ、管理するためのサービスです。

 Azure Virtual Machine Scale Setsの自動OSイメージアップグレード機能は、2月にパブリックプレビューになっていました。今回、この機能がGAになりました。

 詳細は、次のページをご覧ください。

この連載の記事