このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ツイートから決まった「ニーア オートマタ」コラボPC爆誕について齊藤陽介氏に直撃インタビュー

2019年09月27日 11時00分更新

文● 宮崎真一 編集●ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 突如、異星人が兵器「機械生命体」を繰り出して地球への侵略を開始。それに対して月へ逃れた人類は、戦闘アンドロイドによる自動歩兵人形「ヨルハ」部隊を投入。機械生命体と戦闘アンドロイドが繰り広げる戦いを描いたスクウェア・エニックスのアクションRPGが「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」である。

主人公はヨルハの一員として地球に降下した汎用戦闘モデルのアンドロイド「2B」
近接攻撃の剣撃と、サポートシステム「ポッド」を利用した遠距離攻撃を駆使して戦う
大型の機械生命体との戦闘は迫力満点!

 このニーア オートマタは、2017年2月23日にPlayStation 4用として発売され、その後、2017年3月18日にはPC版がSteamで登場。発売後、ヨコオタロウ氏が描く独特な世界観や、吉田明彦氏が手掛けたキャラクターの美麗さ、それに世界観に即した岡部啓一氏が綴るBGM、プラチナゲームズによる流麗なアクション性などが好評を博し、2019年5月13日には世界累計出荷・ダウンロード販売本数が400万本を突破したことを発表した。

 ニーア オートマタを題材にした舞台が上演されるなど、発売後2年以上が経った現在でも、根強い人気を誇るゲームとなっている。

 そんなニーア オートマタのコラボPCが、ツクモのゲーミング向けPC「G-GEAR」から登場予定 だ。

一部構成では、CPUクーラーにAMD「Wraith Prism」を採用。サイドパネルから美しく光るライティングを見ることができる

 構成を一部だけ見せてもらったが、一番ハイエンドなモデルには「GeForce RTX 2080 SUPER」を 搭載するなど、⾼性能なマシンに仕上がっている。

 特筆すべきは、ケースには同社オリジナルの「G-GEAR neo ミドルタワーケース」を採用しているが、サイドパネルにはニーア オートマタ特別仕様やLEDによるライトアップが施される点だ。そのため、ニーア オートマタファンにとって、垂涎の的になることは間違いない。(取材時には、まだ監修中とのことで、残念ながらニーアオートマタ特別仕様のサイドパネルデザインを見ることはできなかった)

前へ 1 2 3 4 次へ