このページの本文へ

McAfee Blog

5G実現でサイバー脅威が発生か 備えるべき4つのポイント

2019年08月19日 13時00分更新

文● McAfee

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5Gが研究開発されてから10年近く経ちますが、次第に実用化が見え、昨年あたりからモバイルに関する会話を支配するようになりました。この新しいタイプのネットワークが組織とユーザーに同様に提供する潜在的な利点を考えると、これは驚くことではありません。ただし、新しい技術の進歩と同様に、アクセシビリティやサイバーセキュリティに関して多くの質問が寄せられ、不確実性が提起されています。この次世代ネットワークの導入により、潜在的なサイバー脅威への手段が増え、接続されたデバイスの数が多いためにサービス拒否(DDoS)攻撃の可能性が高まる可能性があります。ただし、これらの懸念が妥当であるとしても、私たちは少しでも前に進んでいくでしょう。5Gは、限定的な都市において短期間でアイデアから現実に移行しましたが、これらの進歩は一連の様々な紆余曲折があり実現したものです。

 2019年4月、Verizonは次世代ネットワークを最初に立ち上げ、他の携帯電話会社もそれに追随しました。技術的なマイルストーンそのものですが、一部の5Gネットワ​​ークは特定の都市でのみ利用可能であり、都市の特定の部分に限定されています。5Gのそれほど普及していない可用性を超えて、ネットワークのインターネット速度は携帯電話会社に応じてさまざまなレベルで実行されています。ユーザーが5G対応エリアにいる場合でも、5G対応の電話がない場合は、ネットワークが提供するすべてのメリットを享受できません。利用する地域、特定のワイヤレスキャリアのネットワーク制限、5G対応スマートフォンの可用性という3つの要素は、このエキサイティングなイノベーションを最大限に活用するためにユーザーに合わせて調整する必要があります。

5Gの展開に備えるために

 5Gの将来を取り巻く多くの不確実性と、展開の結果としてサイバー脅威が発生する可能性がありますが、移行に備えてユーザーができることはいくつかあります。徐々に5Gの展開が進み、利用可能な地域が拡大していく中で、サイバーセキュリティの優先順位を整えるには、備えるべきポイントを押さえ、あなたの地域に展開された際に備えましょう。

1.ニュースをフォロー

 5G対応ネットワークの発表以来、ネットワークの開発と更新を取り巻くストーリーは、テクノロジーに関する会話の最前線にあります。5Gの状況を把握し有用なものであるかを判断するために、十分な情報を得られるよう、最新情報をチェックし、目を通しておきましょう。

2.あなたに最適なデバイスを調査

 新しい5G対応スマートフォンが市場に出ようとしているので、適切なものと、サイバーセキュリティの優先事項に合ったものを選択してください。あなたにとって正しい決断は、新規サービス登場後の不具合や脆弱性が解決するまで4G対応の電話を維持することかもしれません。新しいデバイスを購入したら、切り替えを行う前に完全に移行し、そしてすべてのデバイスが保護されていることを確認してください。

3.IoTデバイスのデフォルト設定を更新

 5Gにより、ますます多くのIoT製品がオンラインになります。これらの接続製品のほとんどは、必ずしも「セキュリティを第一にする」ように設計されているわけではありません。デフォルト設定を介して脆弱なIoTデバイスに接続します。工場出荷時の設定を変更することにより、デバイスのセキュリティを即座にアップグレードし、ホームネットワークのセキュリティを確保できます。

4.セキュリティの層を追加

 前述のように、5Gは潜在的なサイバー脅威の手段を増やす可能性があるため、アプリやOSのアップデートだけでなく、包括的なモバイルセキュリティに投資し、外出先や自宅で安全を確保するためにすべてのデバイスに適用することをお勧めします。

※本ページの内容は、2019年8月15日(US時間)更新の以下のMcAfee Blogの内容です。
原文:How to Build Your 5G Preparedness Toolkit
著者:Radhika Sarang

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

マカフィーは大切なものを守ります。