Googleのクラウド管理サービスを活用してセキュリティーを一元管理

Dropbox、「Google Cloud Identity」統合機能を提供開始

文●行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Dropbox Japanは4月5日、「Google Cloud Identity」の統合機能を「Dropbox Business」ユーザーに提供開始したと発表した。

 Google Cloud IdentityはGoogleが企業向けに提供しているモバイル管理(EMM)サービス。企業向けにセキュリティーやアプリケーション管理、端末管理サービスが提供されるている。

 オフィスの内外やデバイスの種類を問わずチームで共同作業を行なえるDropbox BusinessからGoogle Cloud Identityが利用可能となることで、コンテンツやセキュリティーの管理がいっそう容易になるとしている。

 Dropbox BusinessユーザーはGoogleのログイン情報を使用してDropboxアカウントにアクセスできるだけでなく、Google認証システムのアプリやTitan Security Keyなどの多要素認証を利用してセキュリティーを確保できる。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2021年
03月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
03月
04月
06月
08月
10月
11月
2018年
01月
03月
05月
08月
11月
2017年
03月
10月
2016年
01月
04月
2015年
02月
04月
07月
10月
2014年
08月
11月
2013年
11月